山北高等学校 > 特色 > 指定校事業

更新日:2021年10月14日

ここから本文です。

指定校事業について

文部科学省指定 「地域との協働による高等学校教育改革推進事業(地域魅力化型)」                             

神奈川県教育委員会指定 「総合的な探究の時間』にかかる研究(SDGsをテーマとした展開にかかる研究)」                 

           

 文部科学省の「地域との協働による高等学校教育改革推進事業【地域魅力化型】」に全国20校のうちの1校として指定されました。地域課題の解決等の探究的な学びを通して、地域活性化に資する人材を育成します。また、神奈川県教育委員会からは、教育課程研究開発校の指定を受けました。これは、SDGsをテーマとして総合的な探究の時間の発展にかかる研究に取り組むものです。

 本校では、「すべての人に健康と福祉を」を軸に「未病」、「住み続けられるまちづくりを」を軸に「地域防災」を切り口として探究活動に取り組んでいきます。

 これらの事業への取組みは、山北町はもちろん、国立教育政策研究所等様々な機関・団体が注目し、応援してくれています。学習効果が上がったかどうかなども、専門家が分析し、本校にフィードバックしてくれます。これにより、教育課程や指導体制も見直し・改善を図っていきます。

文部科学省指定 「地域との協働による高等学校教育改革推進事業(地域魅力化型)」 についての研究成果発表会を開催します。
期 日  令和3年12月17日(金)・18日(土)
場 所  松田町生涯学習センター大ホール及び本校
※ 詳細については1次案内をご覧ください。(PDF:129KB)

全国の高校づくりの事例として山北高校が紹介されています。「みらいの職員室」(外部サイトへリンク)

 

地域との協働による高等学校教育改革推進事業について
令和元年度の本校の取組みが神奈川県のWebページで紹介されています。ご覧ください。

 

山北高等学校が各メディアに多数取り上げられています。(こちらから)

 SD's

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。