更新日:2021年3月26日

ここから本文です。

陸上競技

横浜栄高等学校陸上競技部

校章

①横浜栄高校陸上競技部について

 本校陸上競技部は前身の上郷高等学校・港南台高等学校の伝統を受け継ぎ、2009年から横浜栄高等学校陸上競技部として始動しました。上郷高等学校時代には、1987年に吉田孝久先輩がインターハイ走高跳を2m20cm(大会記録)で優勝という輝かしい成績を収めています。この記録は現在も神奈川県高校記録として残っている大記録であります。その他、インターハイ優勝者や全国大会等で活躍する選手を数多く輩出してきました。

 現在は、先生方や先輩方がつくり上げてきた伝統を受け継ぎながら全国大会を目指し日々練習に励んでいます。近年では、2019年全国選抜大会に出場など全国の舞台で活躍するチームに復活してきました。横浜栄高校の新たな歴史を作るため、これからもチーム一丸となって頑張ります。

②チームカラー

 ダークグリーン      ネイビー       ゴールド

チームカラー緑

 チームカラーネイビー チームカラーゴールド

③チームエンブレム

チームエンブレム

④ユニフォーム(上2020年モデル、下2019年モデル)

本校ユニフォームは開校10周年記念として2019年にスクールカラーのグリーンベースに新調しました

ユニフォーム1ユニフォーム2ユニフォーム3

ユニフォーム4ユニフォーム5ユニフォーム6

⑤チームジャージ(左2020年モデル 右2019年モデル)

チームジャージ

近年の結果 ※一部抜粋

2019年度

 神奈川県県高校総体 男子混成入賞

 全国高校選抜大会 男子600m出場

2020年度

 横浜市新人大会 女子やり投げ 優勝

 

 その他 県大会出場多数 横浜地区大会入賞多数