更新日:2020年1月17日

ここから本文です。

教育課程

  令和元年度入学生 教育課程表(表の印刷はこちら(PDF:133KB)

 ◎ 月~金(5日間)×(一日 6限(ひとコマ50分授業))=週30コマ (= 29単位+LHR)

 ◎「単位」とは簡単に言うと週当たりの授業の回数です。各科目の( )内の数字が単位です。

1年次 2年次 3年次  
栄スタンダード 27単位 栄スタンダード 21単位 栄スタンダード 10単位  

国語総合(4)

世界史A(2)

数学Ⅰ(3)

数学A(2)

物理基礎(2)

化学基礎(2)

体育(3)

保健(1)

コミュニケーション英語Ⅰ(3)

英語表現Ⅰ(2)

情報の科学(2)

総合的な探究の時間(1)

現代文B(3)

日本史A(2)

生物基礎(2)

数学Ⅱ(4)

コミュニケーション英語Ⅱ(4)

体育(2)

保健(1)

家庭基礎(2)

総合的な探究の時間(1)

体育(3)

コミュニケーション英語Ⅲ(4)

現代社会(2)

総合的な探究の時間(1)

 
 
 
 

選択科目

次(選択科目・学校設定科目)の中から 12単位以上

 
 
選択科目 学校設定科目  

国語表現(2)※

古典A(2)※

古典B(3)

世界史B(3)

日本史B(3)

地理A(2)※

地理B(3)

倫理(2)※

政治・経済(2)※

数学Ⅲ(6)

数学B(2)

物理(3)

化学(3)

生物(3)

地学基礎(2)※

地学(3)

音楽Ⅱ(2)※

音楽Ⅲ(2)

美術Ⅱ(2)※

美術Ⅲ(2)

工芸Ⅱ(2)※

工芸Ⅲ(2)

書道Ⅱ(2)※

書道Ⅲ(2)

英語表現Ⅱ(4)

英語会話(2)

子どもの発達と保育(2)

ファッション造形基礎(2)

フードデザイン(2)

アルゴリズムとプログラム(2)※

現代文発展(2)

現代文研究(4)

古典発展(2)

古典研究(4)

国語表現研究(2)

世界史発展(2)

世界史研究(4)

日本史発展(2)

日本史研究(4)

地理研究(4)

倫理発展(2)

政治経済発展(2)

日本近現代史(2)

世界近現代史(2)

数学α(2)

数学β(4)

数学γ(2)

物理基礎研究(2)

物理発展(4)

化学基礎研究(2)

化学発展(4)

生物基礎研究(2)

生物発展(4)

スポーツ探究A(2)※

スポーツ探究B(2)

教養としての芸術(2)※

初等教育のための芸術(2)※

器楽演奏(2)※

デッサン表現(2)※

英語語法理解(2)

英語講読発展(2)

 

 

選択科目 Ⅰ群

次のパターンから1つ(2~5単位)

 
 

・古典B(3)

・数学B(2)+ 古典B(3)

・数学B(2)

 

 選択科目

(次から1科目(2単位))

 

音楽Ⅰ(2)

美術Ⅰ(2)

工芸Ⅰ(2)

書道Ⅰ(2)

 

 

選択科目 Ⅱ群

[文]の中から1~2科目(3~6単位)、または[理]の中から1~2科目(3~6単位)

 
 

[文] 世界史B(3)

[文] 日本史B(3)

[文] 地理B(3)

[理] 物理(3)

[理] 化学(3)

 
 
 
 
 

自由選択科目

(Ⅰ群、Ⅱ群の選択分と合わせて、最大8単位まで)

 
 
選択科目 学校設定科目  

国語表現(2)

古典A(2)

地理A(2)

倫理(2)

政治・経済(2)

地学基礎(2)

音楽Ⅱ(2)

美術Ⅱ(2)

工芸Ⅱ(2)

書道Ⅱ(2)

アルゴリズムとプログラム(2)

スポーツ探究A(2)

教養としての芸術(2)

初等教育のための芸術(2)

器楽演奏(2)

デッサン表現(2)

英語総合基礎(2)

英語総合発展(2)

日本近現代史(2)

世界近現代史(2)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(注1)希望人数の関係等で、開講されない科目があります。

(注2)年度により科目の変更の可能性があります。

 

栄スタンダード

・進学重視型の単位制普通科高等学校として基本となる科目

・学習指導要領で定められた必履修科目

2年次と3年次の同一名講座※について

・2年次生が主体となり、3年次生のみでの開講が難しい科目が多いです。

・3年次で履修する場合、2年次生と共に学習する可能性が大きくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。