相模原養護学校 > 学校生活 > 災害時の臨時休業

更新日:2021年6月21日

ここから本文です。

荒天時・災害時等の臨時休業について

1臨時休業の判断について

次のような場合、児童・生徒の安全・健康のために、学校長の判断により臨時休業とすることがあります。

1「神奈川県(西部)」または「神奈川県(相模原市)」に、大雨、暴風雨、洪水、大雪等の気象警報が発令され、児童・生徒の通学に危険や困難が予想される場合。

2災害、事故、その他の緊急の事情により、児童・生徒の安全の確保のため教育上必要と認められる場合。

3学校保健法に基づき、インフルエンザ等の感染症の拡大予防のために必要と認められる場合。 

2臨時休業等となった場合の対応について

1前日までに臨時休業と判断した場合は、その日のうちに配付物等でご家庭に連絡いたします。

2当日の朝に判断する場合には、午前6時の段階で判断して連絡いたします。

臨時休業とする場合には、メール配信によりご家庭に連絡いたします。

あわせて、学校ホームページの「連絡掲示板」でも、メール配信に合わせて同様の内容を掲載しますので、携帯電話、スマートフォン、パソコン等で情報を閲覧できます。

3臨時休業にならない場合でも、天候や交通事情に応じて、ご家庭の判断により無理な登校は避けるようご配慮ください。

4当日の状況により、登校時間・下校時間の変更を行う場合もありますので、ご承知おきください。

 

上記2以外の連絡方法が必要な場合には、学校までご相談ください。