瀬谷西高等学校 > 学校概要 > 校長挨拶HP用

ここから本文です。

校長挨拶

瀬谷西高校のホームページにようこそ

神奈川県立瀬谷西高等学校

校長 赤井 英明

 

 このたびは本校のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

 本校の校章は、檜(ひのき)の葉と小さな円形の果実を形象化したものとなっています。檜は天空に高く素直なに伸び、しかも強じんなことで知られています。瀬谷西高校の生徒の皆さんが、檜のように強く、逞しく成長してほしいという開校当時の願いが校章に込められています。昭和53年に創立した本校も、今年度創立42年目を迎えます。そして、この間13,456名の生徒が巣立ち、卒業生の皆さんは、様々な分野において、地元はもとより全国各地で活躍しております。

 

 校訓は「夢と希望の実現」です。これは、現実に照らして一段高い目標を持ち、一日一日を大切にしながら、そして一歩一歩、希望をもって着実に努力を重ねていけば、夢が夢に終わらず、やがては必ず夢は現実のものと成り得るということです。自身を見つめ直し、自らの課題を見つけ、その課題を解決していく中で、自分を磨き成長してほしいという願いがこめられています。常に高みをもって勉学に励み、時に仲間と励まし合い、支え合い、競い合い、鍛え合うことを通して、生徒一人ひとりの目標達成に向け、教職員は一丸となって生徒の皆さんを支援しております。

 

 教育の基軸は、キャリア・シチズンシップ教育です。あらゆる教育活動を展開する中で、生徒の皆さんの社会的な自立を支援していきます。その実現にあたっては、「規範意識や道徳性、社会性を持ち備え、真摯に努力する力」「自らが課題を発見し、課題を解決できる力」といった社会が求める人間力を大切に、自立した人材の育成を図っていきます。

 

 学習活動では、主体的・対話的で深い学びの実現を図るため、基礎・基本の定着を図るとともに、学んだ知識や技能を活用することに重みをおき、課題を発見し、その課題を解決するために必要な思考力,判断力,表現力を育てまいります。

 特に、探究的な学びや朝の読書活動などを通して、主体的に学習に取り組む態度が養われるよう様々な取組みを進めるとともに、50分授業の中で授業の質の充実を図ってまいります。  

 また、県立高校改革実施計画(Ⅰ期)当初から、新科目「公共」に係る教育課程研究開発校の指定を受けており、引き続き、教育課程の改善や授業改善の取組みを通して、教職員自らの指導力の向上に努めています。

 

 生徒指導・支援では、生徒の主体的活動を支える体制を整え、「檜祭」「陸上競技大会」をはじめとする学校行事を通して、生徒主体の企画運営が図られるよう、生徒の成長を支援してまいります。生徒一人ひとりが自己肯定感を持てるような支援方法を探り、キャリア・シチズンシップ教育の視点から、生徒の規範意識の醸成に引き続き取り組んでまいります。身だしなみ、挨拶の励行、時間の厳守、身の回りの整理整頓など、生活指導部と学年が協働して指導してまいります。

 

 生徒・保護者の皆様が、「瀬谷西高校に入学してよかった」「瀬谷西高校に入学させてよかった」と思えるよう、生徒一人ひとりが充実した高校生活を送り、瀬谷西高校の3年間で自身の可能性を大きく伸ばし、檜のように天空に高く素直に伸び「夢と希望の実現」が図れるよう、教職員一同、日々全力投球してまいります。

 

 本校は県立高校改革実施計画(II期)において平成35年度から瀬谷高校と再編・統合し、新たな学校としてスタートするミッションを背負っています。本校の伝統をしっかり継承するとともに、新たな時代を切り開く人材の育成を図るとともに、社会に開かれた学校となるよう、本校は今後も、学校・家庭・地域との一層の連携を深め、「キャリア・シチズンシップ教育」を進めることで、地域の皆様に愛され期待される学校となるよう努力してまいります。御支援のほどよろしくお願い申し上げます。