座間高等学校 > 学校生活 > 新型コロナウィルス感染症対策の取組み

更新日:2021年1月29日

ここから本文です。

新型コロナウィルス感染症対策の取組み

新型コロナウィルス感染症対策として、国庫補助金等(予算が750万円)を活用して、次のような消耗品・備品等を整備しております。

モニタ付き顕微鏡カメラkenbikyo

顕微鏡に取り付けることで、モニタで確認ができるだけでなく、スクリーン投影もできるので接眼レンズでの接触や覗き込むときの密集を避けられる。(生物室に1台)

 

 

 

 

 

 

 

冷風機reifuki

体育館フロアには大型冷風機、冷房設備のない武道場などにも冷風機を設置し、夏場の換気による室温上昇を抑える。(体育館フロア大型2台、武道場1台、印刷室1台)

 

 

 

 

 

 

 

タッチレス水栓suisenn

各手洗い場には、手をかざせば自動で水が流れるように電池式のタッチレス水栓を導入した。(水栓2か所に1個の割合で交換した。)

 

 

 

 

除菌脱臭機dassyuki

各教室に設置して、窓開けによる換気だけでなくプラズマクラスターにより空気をきれいに保つ。(各学年HR教室計21台)