座間高等学校 > 学校生活 > 2021年度学校行事

更新日:2022年4月13日

ここから本文です。

【2021年度 学校行事】

入学式

防災訓練

体育祭

文化祭

修学旅行

球技大会

卒業式

  入学式

  4月6日(火)に第50回入学式が挙行されました。

クラス発表を中庭で確認してから、整然と3密(密閉・密集・密接)を避け、
指示に従って教室に入り、担任から校章などの受け取りなどを済ませて
体育館に移動して入学式挙行となりました。

体育館では座席の間隔を広く会場設営をし、保護者1名のみの参加で、希望に満ちた50期生をみんなで暖かく迎え入れました。

1-toukou 2-syoukouguti 3-kyousitu

 ↑ クラス発表         ↑ 昇降口          ↑ SHR(諸注意)

4-nyuujyou 5-tikai 6-syoukai

 ↑ 入場           ↑ 誓いの言葉         ↑ 学年団紹介

sousyoku20200422_omedeto

  ↑ PTAによる校内装飾

 

 防災訓練

 4月7日(水)の午後には、疑似体験型防災訓練が行われました。

校舎内では地震発生の放送の後、2回の余震放送が入って、地震による火災発生との想定で訓練が行われました。火災発生の模擬体験のために、校舎内では煙が焚かれ、防火扉も閉まりました。生徒は休み時間想定で職員がいない中、どのように身を守るのか、自主的に行動できるのかを職員は見守る形で行われました。大きな混乱もなく無事に避難することができ、訓練終了後には希望者を対象に座間消防署に設営していただいた煙体験ハウスを使って避難方法なども体験しました。

shakeout  smoke door 

  ↑シェイクアウト       ↑ 煙発生          ↑ 防火扉が閉扉

 hinan ground smokehouse

  ↑ 避難開始         ↑ グラウンドで点呼      ↑ 煙体験ハウス

 

体育祭

6月2日(水)晴天に恵まれ、感染症対策をしながら、応援も控えめに体育祭が行われました。

午前中は、「台風の目」「大縄跳び」「綱引き」「クラス対抗リレー」午後は「パネル披露」「応援パフォーマンス」「スウェーデンリレー」「大縄跳び」「玉入れ」「障害物リレー」「色別対抗リレー」が行われました。

例年と違う点は、「大縄跳び」が午前と午後に2回行われたこと、「玉入れ」「障害物リレー」が取り入れられ、「30人31脚」「竹取物語」「騎馬戦」が姿を消したこと。それでも、生徒は各団長の下競技を楽しみ、結束力を競い合いました。

 

 

 

 球技大会

 7月20日・21日に球技大会が行われました。グラウンドではサッカー(男子種目)・ドッジボール(男子種目・女子種目)、ハンドボールコートではフットサル(女子種目)、体育館ではバスケットボール(男子種目・女子種目)、外バレーコートでは9人制バレーボール(男女混合種目)が静かに応援するルールにのっとり、「秘めたる闘志」でクラスの団結力を競い合い、楽しみました。。

 

 

文化祭

10月29日(金)一般非公開で、感染症対策をしながら、文化祭が行われました。

例年と大きな違いは、クラス参加がなくなり、文化部の発表と有志参加に特化したことです。体育館でのステージ発表は創作舞踊部と軽音楽部、中庭での発表は軽音楽部。HRクラスは昼食会場として使用され、特別教室で文化部の発表が行われました。軽音楽部の演奏中もその場に座り、ルールを守って静観。17時からはグラウンドには多くの生徒が残る中、花火の打ち上げ。今年は創立50周年なので、スターマインなど多少盛大に打ち上げられ、間近で見る花火に完成をあげていました。

準備も思うようにできず、飲食企画なし、一日だけの文化祭と規制だらけでしたが、生徒からはゆっくり見ることができたし、花火も見れて良かったと前向きな声を聞きました。

 

 卒業式

 3月4日(金)に第48回卒業式が行われました。

コロナ禍で、在校生の出席は『在校生のことば』を送る生徒1名のみ。来賓の参列はなし。保護者も各家庭から1名の参加形式で行われました。

48sotugyou1 48sotugyou2 48sotugyou5

48sotugyou3 48sotugyou4

球技大会