有馬高等学校ホーム > 在校生・保護者の方へ > 荒天時の対応について

更新日:2020年3月23日

ここから本文です。

荒天時の対応について

荒天により自宅待機となる場合

神奈川東部湘南地区または海老名市に、次の3つのうちいずれかに当てはまるときは自宅待機となります。解除後の対応は発令されている時間により異なります。

  1. 特別警報が発令されているとき
  2. 大雨警報と暴風警報の両方が発令されているとき
  3. 大雪警報が発令されているとき

上記の場合のほか、登校が危険と判断される場合は、無理に登校せず、後日、学級担任にその旨申し出てください。遅刻・欠席について配慮します。

警報解除後の対応

警報が解除された時間

登校(ホームルーム) 授業
6時00分 通常通り 通常通り
9時00分 10時45分 3校時より
11時00分 13時30分 5校時より

 

  • 11時00分の段階で警報が解除されていない場合、「緊急連絡掲示板」や「まちcomiメール」でその後の対応を指示します。
  • 特別警報の場合、家庭で待機してください。登校途中の場合は学校、家庭いずれか近い方に行ってください。学校にいた場合は、警報が解除されるか安全が確認できるまで学校で待機します。
  • 1~3に該当しない場合であっても、地域性等により、登校が危険であると考えられる場合は、保護者のご判断で自宅待機させてください。その場合には、学校へ電話連絡をお願いします。荒天時に登校できなかった生徒の出欠については、状況を判断して配慮いたします。
  • なお、登校する際は、安全第一を基本に、無理のない範囲で登校させてください。