ここから本文です。

特色

国際的な視点を育てるユネスコ活動

2018年度まで英語コースの設置や在県外国人等特別募集の実施が行われてきたことを背景に、国際理解教育、多文化共生教育を積極的に推進してきました。こうした教育環境のもと2008年にはAssisted Schools Project(ユネスコスクール)に加盟し、以後、国内外のユネスコスクールと協働で様々なプログラムを積極的に実施してきました。

近年では2017年度から国際理解教育の推進として、海外修学旅行を実施しています。また、委員会活動の一環として「ユネスコ委員会」を立ち上げ、姉妹校訪問団の受け入れ事業運営、服のチカラプロジェクトの推進、文化祭での展示など学校全体でユネスコ活動や国際交流活動に取り組むためのコーディネーター役として、メンバーたちの活躍が期待されます。

2018年度には加盟10周年の区切りを迎え、SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)とESD(Education for Sustainable Development、持続可能な開発のための教育)をテーマとした授業も実施してきました。次の10年に向けて委員会、クラブ活動、学級、学校全体など、それぞれの場と機会に応じた形でESDの推進、SDGsへの取り組みなどを行っていきます。国内外の学校とも様々な協働プログラムや交流活動を実施することができたらと考えています。

学校間交流

1993年の外国語コースの設置後、1998年に初めてアメリカのクラウンポイント高校を訪問しました。クラウンポイントとは翌1999年に姉妹校協定を締結し、1998年の訪問が有馬高校における姉妹校交流の始まりとなりました。クラウンポイント高校とは2012年までの長い間交流を続けることができました。2013年にアメリカのバラード高校と2校目の姉妹校協定を締結しました。現在は、アメリカケンタッキー州のアサトン高校と韓国慶尚南道のドンウォン高校と姉妹校協定を結び、隔年で受け入れと派遣を行っています。また、台湾への修学旅行では現地の高校と交流を行っています。

アサトン高校との交流

アサトン高校とは2015年に姉妹校協定を締結しました。

派遣時は夏休みを利用して約15名の生徒が10日間ほどの日程で訪問します。そのうち、3日間はシカゴ市内での研修、残りの7日間はアサトン高校のあるケンタッキー州に移動して、ホームステイを行います。アサトン高校では現地の授業に参加します。日本語の授業にも参加し、日本の文化や風習を紹介する活動も行います。

受け入れ時は本校の生徒がホストとなり、1週間授業に一緒に参加します。ホストとなる生徒だけでなく、クラスメートやほかのクラスの生徒も積極的に話しかけ、受け入れを楽しみつつ、交流を深めています。

ドンウォン高校との交流

ドンウォン高校とは2016年に姉妹校協定を締結しました。

派遣時は夏休みを利用して約15名の生徒が3日間ほどの日程で訪問します。そのうち1日はドンウォン高校を訪問し、お互いの文化を体験して交流を深めます。残りの2日間は釜山市内での研修や現地大学生との自主行動などで現地の文化を体験します。

受け入れ時は1日で、授業参加と歓迎セレモニーを行います。また、昼食時に自由参加の交流会を行うなどします。1日だけですが、お互いの連絡先を交換して、その後も交流を続ける生徒もいます。

修学旅行内での交流

台湾への修学旅行では半日間、現地の高校と学校間交流を行います。2017年より3年間は治平高校と交流しました。

豊富な学校行事

生徒が主体的に行動し成長する機会として、充実した行事を行っています。授業時間の確保との両立を図り、学力を伸ばすだけでなく人間として成長することを目指しています。

学校行事一覧(令和2年度予定)

4月 5月 6月 7月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
  遠足 体育祭  

文化祭

体育実技発表会

 

修学旅行

健脚大会

    ロードレース大会 合唱コンクール
     

部活動

15の運動部、11の文化部、2つの同好会があり、朝や放課後に活動を行っています。

  • 各部の活動状況等(現在編集中です)

運動部一覧

剣道・サッカー・少林寺拳法・水泳・ソフトテニス・卓球・ダンス・テニス・バスケットボール・バドミントン・バレーボール・ハンドボール・野球・陸上競技・ワンダーフォーゲル

文化部一覧

ESS(英語)・演劇・合唱・華道・軽音楽・茶道・写真・吹奏楽・生活文化研究・美術陶芸・文芸

同好会一覧

JRC(青少年赤十字)・IOS(囲碁オセロ将棋)

「総合的な探求の時間」の研究開発校としての取り組み

有馬高校は平成31年(2019年)度より教育課程研究開発校の指定を受け、「総合的な探究の時間~SDGsをテーマとした展開に係る研究~」の研究開発に取り組んでいます。平成31年度入学生からは、SDGsをテーマとした探究的な活動を週1時間行っています。

  • SDGsをテーマとした探究活動

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。