ここから本文です。

特色

足柄高校のミッション/インクルーシブ教育実践推進パイロット校/足柄高校の取組み

 足柄高校のミッション

足柄高校のミッションは、次のことができる人に育てることです。(※ 理想の生徒像より)

  1. 将来の自分に向って自らの課題を発見し、その解決に向けて主体的に考え、今なすべきことにチャレンジし、何事にも果敢に挑む。
  2. 基本的なルールを守り、自分で自分を律し、他者を思いやることのできる。
  3. 他者の意見に耳を傾け、判断することができ、自分の意見を明確に伝えることができる。

 インクルーシブ教育実践推進パイロット校

足柄高等学校では、2017年度からインクルーシブ教育に力を入れています。

「ともに今を生きる」を教育の軸として、障害のあるなしに関わらず、さまざまな個性を持った生徒と学校生活を送ることで、多様な人の在り方を学び、心豊かで思いやりのある人となり社会に出ていきます。

大人になったとき、自分とは異なるものや思考に柔軟に対応することは難しいですが、足柄高校で生活していくことで習得することができます。多くの職員がいることを活かしながら、さまざまな変化に対応できる人を、緑豊かなこの足柄でときに厳しく、かつ温かく生徒を見守りながら育てます。

[旧サイト]神奈川が進めるインクルーシブ教育(外部サイトへリンク)
[旧サイト]実践推進校(パイロット校)の取り組みの概要(外部サイトへリンク)
外部サイトへのリンク

 

 足柄高校の取組み

足柄高校では、生徒一人ひとりに適した手厚い指導・支援をしています。

  • インクルーシブ教育を推進し、障がいの有無に関わらず、共に学び、ともに成長する学校づくりに取り組んでいます。
  • 小集団学習、TT授業(2人の先生での授業 ※一部の教科にて)を実施しています。
  • 2人担任制(3年生は担任+副担)の手厚い指導を実施しています。
  • 読書習慣、課題を探究する力(言語能力、読書力、表現力)の育成を目指し、朝読書を実施しています。
  • 学校行事や生徒会活動を通して、生徒とともにユニバーサルデザイン化(誰もが自由に生活できる環境を整えること)に取り組んでいます。
  • 部活動の活性化を推進し、生徒に活躍の場を与えます。
  • すべての生徒一人ひとりの社会接続が確実に実現されるよう、進学、就職に向けた丁寧な進路支援を進めています。
  • インターンシップや医療・看護体験、保育実習の拡充に努めています。
  • 地域貢献に積極的に取り組む環境を整えることで、生徒の地域理解を促進しています。また、地域との連携として、地域防災を推進しています。

ほかにも、さまざまな教育活動を計画・実施しています。