更新日:2020年1月11日

ここから本文です。

荒天時の対応

登校

1.気象庁による気象情報において、神奈川県東部(横浜・川崎地区)に次のいずれかの警報が発令されている場合は、生徒は自宅待機とします。

「特別警報」(「大雨」、「暴風」、「大雪」、「暴風雪」のいずれか)

「警報」(「暴風」、「大雪」のいずれか)

の後は、気象情報の推移を見守り、次の(1)~(4)のとおり対応します。
  1. 午前6時30分までに警報が解除された場合は、通常授業。
  2. 午前8時30分までに警報が解除された場合は、10時40分始業。
  3. 午前10時30分までに警報が解除された場合は、13時15分始業。
  4. 午前10時30分までに警報が解除されなかった場合は、臨時休校とし、生徒は自宅学習とします。

2.次の交通機関が何らかの理由で運休となっている場合は、前項の1に準じて対応します。

東急田園都市線

3.注意

  1. 登校に際しては、居住する地域の状況もよく確認して、保護者の判断のもと安全に充分留意して登校してください。
  2. 登校が困難な場合は自宅学習とし、原則出席扱いとします。

 

上の対応は、通常の授業時を想定したものです。学校行事や定期テストの際には対応方法を変更することがありますのでご注意ください。