更新日:2021年11月11日

ここから本文です。

看護科新着情報

看護科実習の様子

 

*今年度の授業の様子等を掲載しています。

 

令和3年度

 

11月8・9日 1年看護科 校外実習(臨地実習) 東海大学付属病院

 

~*臨地実習(校外実習)*~

県立がんセンターや東海大学医学部付属病院などの提携先病院や血液センターなどの施設で、臨地実習(校外実習)を行っています。

校外実習前に事前のオリエンテーションを行い、実習にあたっての心得や諸注意等を説明します。生徒の方も、意識と緊張感が高まります。

臨地実習では、実習先の病院での看護師の仕事を見学・体験します。各病院により、生徒の体験等は違いますが、看護師をはじめ、多くの医療スタッフにご指導していただき,有意義な実習となります。

現場に携わっている看護・医療従事者の真摯な姿勢に触れ、実習後は、将来の展望への意識が学習意欲へとつながっていきます。

 

 

*医療スタッフによるオリエンテーション*

・病院の概要や施設等の説明

東海付属病院実習1 

 

*ドクターヘリでの見学実習* 

東海大学付属病院実習2 東海大学付属病院実習3
東海大学付属病院実習4 東海大学付属病院実習5
東海大学付属病院実習6 東海大学付属病院実習7
東海大学付属病院実習8 東海大学付属病院実習9

 

 

*病院内の見学実習*

東海大学付属病院実習9 東海大学付属病院実習10

 

*実習後、医療スタッフへ質問

東海大学付属病院実習11

 

**ドクターヘリ前で記念撮影** 

東海大学付属病院実習12 
 11H(1年1組)

 

 

東海大学付属病院実習13
12H(1年2組)

 

 

 

 

2年選択科目「くらしと住環境」の校外実習

・10月14日(木)

☆2年選択科目は、看護科、福祉科の生徒の両方が選択して受講しています。

街の中のバリアフリーを学ぶために、車いすで二俣川駅と駅の商業施設「ジョイナステラス」に行きました。車いすでの買い物体験や駅の施設内を移動することで、身の回りのバリアやユニバーサルデザインなどを知ることができました。

 

くらしと住環境1 くらしと住環境2

 

 

 

くらしと住環境3 くらしと住環境4

 

 

 

くらしと住環境5 くらしと住環境6

 

 

 

くらしと住環境7 くらしと住環境8

 

 

 

2年選択科目「こども支援」の授業で外部講師による講演

・10月14日

☆2年選択科目は、看護科、福祉科の両方の生徒が、選択し受講しています。

*講演タイトル「障害のある子どもを育てるということ」

・障害のある息子さんがいる方を講師として講演をしていただきました。

障害について理解し、障害者への対応やこれから障がい者を支える人たちに望むことなどあらかじめ、受講する生徒が「Google classroom」で講師へ質問をしその回答を取り入れながら、お話していただきました。

こども支援講演 

 

 

 

10月13日、3年「看護と倫理」の授業で、外部講師が来校

・本校の卒業生で、昭和大学助産学専攻科/保健医療学部看護学科教授の上田先生が講師として、来校し、「生命と性の健康教育」について、映像を交えながら、講演していただきました。上田先生は、生命教育・性の健康教育の研究をされ、様々な学校で講演されています。

 

20211013-1 20211013-2

 

  

10月8日、1年「臨地実習」の授業で、外部講師が来校

・神奈川リハビリテーション病院から外部講師が来校し、授業が行われました。

本来なら、見学実習が行われますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、講師として来校されました。病院に備わっている施設や入院患者の状況、地域における病院の機能と役割、看護師等の医療スタッフの業務に携わっている仕事、リハビリテーション看護等、映像を交えながら、講演をしていただきました。

1年看護科リハビリテーション病院1 1年看護科リハビリテーション病院2

 

 

 

1年看護科リハビリテーション病院3 1年看護科リハビリテーション病院4

 

 

 

 

6月30日(水)1年生のライトセンター見学実習

・例年は、ライトセンターへ行くのですが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、ライトセンターからの外部講師の講演となりました。その他に、ライトセンターに関連した視覚障がい者への支援について様々な実習を行いました。

 

ライトセンターとは・・

神奈川県 が設置し日本赤十字社神奈川県支部が運営する視覚障がい者を支援する方々のための総合的な福祉施設。点字・録音図書などの情報提供や各種相談・指導、視覚障害者へのボランティア活動を志す方々の育成・指導などを行っています。視覚障がい者が安全・安心して行えるスポーツ施設も完備されています。

 

 

 

**点字体験**

看護科ライトセンター1 看護科ライトセンター2

 

 

看護科ライトセンター3 看護科ライトセンター4
  点字の突起の確認

 

 

**移動体験** 

・階段の昇り降りや通路の段差を伝えながら、介助支援を体験し学びました。

 

看護科ライトセンター移動体験1 看護科ライトセンター移動体験2

 

 

看護科ライトセンター移動体験3 看護科ライトセンター移動体験4

 

 

**ライトセンター講演**

・ライトセンターでの視覚障がい者への支援や視覚障がい者のための施設・設備等の説明がありました。 

 

看護科ライトセンター講演1

 

看護科ライトセンター講演2 看護科ライトセンター講演3

 

 

 

**本校の先生の講演** 

・「目の見える人と見えない人の感じる世界」について、自らの体験や視覚障がい者への支援について視覚障がい者と健常者の意識の違いをお話ししました。

看護科ライトセンター長谷川先生1 看護科ライトセンター長谷川先生2

 

 

・「援助するとか何か?」では、先生を電車の空席までガイドヘルプする実践を、生徒を指名して体験してもらいました。

①    生徒は、初めてのヘルプで、とまどってしまいました。先生へのヘルプは“背負い投げ”する感じに見えます。

看護科ライトセンター長谷川先生3 看護科ライトセンター長谷川先生4 看護科ライトセンター長谷川先生5

 

 

 

②   腕を引っ張らずに導き、座席の空席を触れさせて知らせます。 先生からのレクチャー後は、支援される人がストレス感じることなく、安心・安全にヘルプできました。 

看護科ライトセンター長谷川先生6 看護科ライトセンター長谷川先生7 看護科ライトセンター長谷川先生8

 

 

 

 

6月21日(月)1年基礎看護「看護とは」グループ発表

*各グループで、「看護とは」について、話し合い、模造紙等で作成してグループ発表となりました。各グループの様々に工夫した発表を見ることができました。

 

1年看護科2021621-1 1年看護科2021621-2

 

 

 

 

1年看護科2021621-3 1年看護科2021621-4

 

 

 

 

2年生の臨地実習「鶴巻温泉病院」の実習の様子

・6月8日~11日は、21H、6月15日~18日は22Hの実習でした。その実習の一部を紹介します。

 

6月2年看護科臨地実習1
病院スタッフによる病院の概要説明

 

 

*実習では、看護師の方から、レクチャーを受けながら、病院内での患者さんへ提供するとろみのある食事を体験したり、使用する器具を装着しての体験をしました。

6月2年看護科臨地実習2 6月2年看護科臨地実習3

 

 

 

6月2年看護科臨地実習4 2年臨地実習6月05
注射針の説明  

 

 

 

2年臨地実習6月06  2年臨地実習6月07 

 

  

 

6月7日(月)2年看護科臨地実習前オリエンテーション

・6校時、視聴覚室で、2年看護科臨地実習前オリエンテーションを行いました。

6月8日~6月11日までは、21Hの生徒、来週の6月15日~18日は、22Hの生徒が実習します。

 

看護科新着情報20210607-1 看護科新着情報20210607-2
 校長先生からの激励  実習においての諸注意

 

 

 

5月18日(火)1年生が初めてのユニフォームで受ける「基礎看護」

**~看護とは~**

・各自、看護のイメージする言葉を付箋に記入し、それをグループで共有し、後日、授業の中でグループ発表するために、話し合ってわかりやすく図解化するために、色紙や色画用紙等で模造紙へ作成します。

 

5月18日1年基礎看護1 5月18日1年基礎看護2
  エブロンのひもがたて結びにならないように

 

 

~グループワーク~

5月18日1年基礎看護5 5月18日1年基礎看護6

 

 

~ユニフォームの正しい着方・身だしなみチェック~

グループワーク中に、1年生は初めてユニホームに袖を通したので、きちんと着こなすように、身だしなみとして、エプロンのひもとワンピースの膝丈の調整の指導をしました。

ワンピースは、あらかじめ、自分で仮縫いをしてきた丈を見てもらいました。(ユニホームの基準の膝丈はひざ下10センチです)

 

**裾上げチェック

5月18日1年基礎看護7 

5月18日1年基礎看護9

 

**エプロンのひもの調整

5月18日1年基礎看護8

 

5月18日1年基礎看護10

 

 

4月9日(金) 1年生が初めて受ける実習授業「1年基礎看護」

 

・入学してまだ間もないので、緊張感と初々しさにあふれた1年生の授業の様子です。

 

*初めての実習授業は、担当の先生が、クラスから実習室へ誘導し、入り口前で体温測定、石鹸での手洗い後に着席しました。

令和3年度4月9日1年基礎看護1 令和3年度4月9日1年基礎看護2
体温測定 石鹸で手洗い

 

*これからの実習授業に向けてオリエンテーションの中で、実習に必要なファイルや丸帽に名前等を記入後、実習棟にある実習室を回って見学・記録しました。

令和3年度4月9日1年基礎看護3

 

 

~各実習室などの見学と記録~

令和3年度4月9日1年基礎看護4 令和3年度4月9日1年基礎看護5

 

    

~先生が各実習室等を説明~

令和3年度4月9日1年基礎看護6 令和3年度4月9日1年基礎看護7

 

 

~丸帽の装着指導~

令和3年度4月9日1年基礎看護8 令和3年度4月9日1年基礎看護9

 

 

 


令和2年度

 

3月16日 1年基礎看護 卒業生による講演授業

東海大学付属病院の看護師である本校の卒業生を外部講師として来校され、高校・大学生活のことや

現在従事している病院の紹介やお仕事のこと、そして、後輩である1年生へのメッセージなどを講演しました。

令和2年度3月16日1年基礎看護

 

 

 

12月4日、3年「看護と倫理」で、ディベート授業

・3年「看護と倫理」の授業で、「積極的安楽死」「脳死による臓器移植」「代理出産」など、医療や看護に関するテーマでディベートに取り組んでいます。

各テーマで、賛成派・反対派に分かれて、グループで協力しながら、討議します。

聞いている生徒が、最終的にジャッジをしてどちらかの主張が説得力があったか勝敗を決めます。

 

看護科デベート1 看護科ディベート2

 

 

 

11月19日、2年の授業で、外部講師による「がん教育講話」

・2年の授業で、外部講師による「がん教育講話」がありました。

 神奈川県がん患者団体連合会より、がん体験をされた方よりご講義をいただきました。

 がんと診断された時の気持ちや治療や生活、看護師との関わりなどを話していただきました。

「がんばって」ではなく、「一緒にがんばろうね」という言葉がうれしかったとおっしゃっていたことが印象に残りました。貴重なお話をありがとうございました。

 

看護科がん講演1 看護科がん講演2

 

  

11月4日 保護者による授業参観

・1年「基礎看護」で、保護者による授業参観がありました。

今回は、ベッドメイキングです。

毎年、年に1回、1年生のみで行われています。

保護者が、実習着着用で、実習に取り組んでいるお子様を見学することができます。

 

看護科授業参観1 看護科授業参観2 看護科授業参観3

 

 

10月9日、1年「臨地実習」の授業で、外部講師が来校

神奈川リハビリテーション病院から外部講師が来校し、授業が行われました。

本来なら、見学実習が行われますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、講師として

来校され、病院に備わっている施設や看護師等の医療スタッフの業務に携わっている仕事の説明等、

映像を交えながら、講演をしていただきました。

 

 

看護科新着情報臨地実習代替え1 看護科新着情報臨地実習代替え2

 

  

看護科新着情報臨地実習代替え3 看護科新着情報臨地実習代替え4

 

 

 

6月、1年「基礎看護」の初めての実習授業

感染症予防の看護技術

*本年度(令和2年度)は、新型コロナウイルス感染症拡大の防止により、例年と異なり、2年生で習得する単元を前倒しして、1年生へ初めての実習授業となりました。

 

感染症について、習得したのち、感染症予防の基本である手洗いの必要性を理解するために、手洗いの方法で手の汚れの状態が変化することを実習を通じて実感し感染予防の必要性を学びます。

 

①ジェルを手につけて、石鹸を使わずに洗い、手洗いチェッカーで汚れを確認します。白く光って浮き出て見えるのが汚れです。 

感染症予防の看護技術1 感染症予防の看護技術2 感染症予防の看護技術3

ジェルをつけます

手洗い(石鹸なし)

手洗いチェッカーで確認

汚れが確認できます

 

  

②石鹸で、習得した「手洗い手順」で洗い、手洗いチェッカーで確認し、水洗いとの比較をワークシートに記入します。

感染症予防の看護技術4 感染症予防の看護技術5 感染症予防の看護技術6

石鹸で「手洗い手順」で

洗います

「手洗い手順」

手洗いチェッカーで確認

汚れが落ちているのが確認できます

 

  

③3名に手袋をつけ、1人目にジェルをつけて、2人目、3人目と順番に握手し、3人目は手洗いチェッカーで汚れを確認すると汚れが連鎖していくのがわかります。ドアノブも同様に確認します。 

感染症予防の看護技術7 感染症予防の看護技術8 感染症予防の看護技術9

ジェルをつけ握手

ドアノブを握ってみます

手洗いチェッカーで確認

汚れが確認できます

 

 

**新型コロナウイルス感染症拡大の防止対策で実習に臨んでいます。

感染症予防の看護技術10 感染症予防の看護技術11

ソーシャルディスタンス

手洗い順番待ち

ソーシャルディスタンス

手洗い中