ここから本文です。

翠星祭

体育部門

taiikubumon

第10回 翠星祭体育部門が開催されました。

 6月24日(木)に第10回翠星祭体育部門を実施しました。昨年度から引き継ぐ今回のスローガンは「雲外蒼天」です。運営に当たる実行委員会をはじめとする生徒たちは、昨年度から準備し始め、感染症対策を徹底しながら、何度も試行して競技ルールを決めました。その甲斐もあり、安全面を徹底し無事に競技を実施することができました。

 前期生は1、2年生が初めての体育部門でしたが、準備期間中は3年生が主体となり、午後の準備の時間を上手に活用し、集団演技を完成させました。4、5年生も後期生としての体育部門は初めてでしたが、上級生や下級生と連携を取りながら活動する大変さとやりがいを感じながら取り組んでいました。そして、6年生は、最後の行事となるので、昨年度開催できなかった7期生の思いも込めて準備を進めました。

 中等生一人ひとりが精一杯取り組み、天候にも恵まれ無事に開催することができました。しかし、感染症拡大防止の観点から、6年生の保護者の方に限定しての公開となりましたので、多くの保護者の方や、地域の方、本校志望の方々にも参加いただける日が来ることを心から願っています。

 

~当日配付のパンフレットより抜粋~

〇校長先生のことば

 第10回翠星祭体育部門の開催にあたり準備をしてきた皆さん、ありがとう!先が見えない時代に、大きなイベントを企画するのは大変なことです。本当に、苦労したことでしょう。今年度のスローガンは、『雲外蒼天』です。どんよりとした雲の中を、勇気をもって突き進んだ先に「青空」が広がっている!まさに、今にふさわしい言葉だと思います。新しい生活様式が強いられる中での「新しい形の体育祭」、みんなの知恵と工夫を最大限に活用し、平塚中等が「ONE TEAM」になり、心に残る体育部門を創り上げてください!皆さんを支援してくださっている全ての人に感謝し、全力で取り組みましょう!平塚中等生の「本気」を見せてくれ!青天を衝け!

〇生徒会長のことば

 いよいよ翠星祭体育部門本番を迎えようとしています。新型コロナウイルスの影響でできることが制限されていましたが、皆さんの日々の我慢と努力のおかげで無事開催できることになり、とても嬉しく思います。翠星祭体育部門は、6学年全員が参加できる唯一の行事です。皆さん、戦う準備は出来ていますか?感染症対策や熱中症対策を心掛けながら、練習の成果を存分に発揮できるよう全力で取り組み、最高の翠星祭を創り上げましょう!

〇実行委員長のことば

 新型コロナウイルスにより日常が失われて1年半が経とうとしていますが、その衝撃は大きく、今までの日常を取り戻すことは難しいのかもしれません。それでも僕たちは「蒼天」のような明るい世界がこの暗い「雲」の先に待っていることを信じ、協力し合って文化部門、スポーツ大会など今できる最大限の活動を行い、この体育部門まで繋げることができました。・・・失われた時間は戻りません。だからこそ、みんなで「今」を全力で楽しみましょう!!

文化部門