ここから本文です。

進路

キャリア教育

本校では、6年間をかけて、生き方や進路を考える学習を進めていきます。

そのために、校外の教育力を積極的に活用し、職場訪問や大学訪問などを行っています。

【実践例】

  • かながわ探究(職場訪問:1年~3年)

1年生は第一次産業、2年生は第二次産業、3年生は第三次産業を訪問し、学んだことを新聞にまとめます。

  • 分野別説明会(4年次)

各分野の仕事の経験者の方を講師に招き、将来の職業を考えます。

  • 課題研究(4~5年次)卒業研究(6年次)

各自でテーマを選び、研究・発表を行います。

4年次:大学教授を招いての論文作成講座,課題研究中間発表会(ポスター発表)

 

5年次:課題研究発表会(プレゼンテーション発表)、大学教授を招いての小論文作成講座

6年次:卒業論文作成

平成31年度キャリア教育実践プログラム(PDF:166KB)

 

過去の進路実績について

自習支援システムSCILの委託業者、WEB説明会について

 本校では、放課後や休日の自学自習を支援するSCIL(Support Center for Independent Learners)を業者に委託して実施しています。委託業者が、従来の(株)TOMASに代わり、本年度より(株)トモノカイに変更となりました。つきましては、システムの概要およびWEB説明会(5月28日)のご案内をいたします。自学自習の一助としてご検討ください。

 なお、昨年度まで会員だった家庭についても、新たに契約が必要ですのでご承知ください。

【トモノカイ】平塚中等SCILのご案内(PDF:1,559KB)

【トモノカイ】会社説明資料(PDF:495KB)

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。