更新日:2020年5月26日

ここから本文です。

校長より生徒のみなさんへメッセージ

新しい学校生活の準備をしよう

 

 昨日、約1か月半ぶりに緊急事態宣言が全国的に解除されました。実に長かった臨時休業がまもなく終わります。

 そして、いよいよ6月から段階的に学校が再開します。今のうちにもとの生活リズムを取り戻しておいてください。少しずつ、Google Classroomを活用して、学校と、先生とつながるところから始め、決まった時間に起きて、決まったこと(課題等)に取り組み、決まった時間に寝るというリズムを取り戻しておくことから、まずやっていきましょう。

 再開するからといって感染の危険がゼロになったわけではありません。むしろ気を付けて生活していくこと、「新しい生活様式」、これが重要です。朝起きたら体温を測っていますか?手を洗う習慣は身についていますか?外へ出るときにはマスクを忘れず着けていますか?人との距離は1~2m空けていますか?学校でも「3密」を回避し、換気をこまめに行うことになります。

 6月以降の学校での生活は、この「新しい生活様式」のもとに始まりますが、どうしてもかつてのようにできないことが出てきます。「3密を回避」するとなると、学校でのみなさんの活動には制約がたくさんあることに気づかされるはずです。プロスポーツ選手もナイスプレイのあとのハイタッチは行わずに我慢しています。どうしてもできないことがどうしても出てくるでしょうし、それは我慢するしかありませんが、工夫してできることもあるかもしれません。全てをあきらめたり、できないことに対してやけを起こしたりするのではなく、一緒に知恵を絞って考えていきましょう。誰にとっても「新しい生活様式」は始まったばかりです。そして、小田原東高校らしいやり方で、みなさんの学校生活が充実するように工夫していこうではありませんか。

 今は、感染防止に努めながらとにかく課題にしっかり取り組むこと、生活リズムを整えることに力を注ぎ、心配なことはいつでも気軽に学校へ連絡し、解決しておきましょう。

 みなさんに再会する日を楽しみに待っています。

令和2年5月26日 

立花 ますみ