相模原中等教育学校 > 学校概要 > 校長あいさつ

更新日:2021年8月24日

ここから本文です。

校長あいさつ

校長写真

 本校は、神奈川県で初の県立中等教育学校として相模大野高等学校を母体校に、平成21年4月に開校しました。神奈川県の教育を担い、「人格の完成をめざし、高い知性と豊かな人間性をそなえ、心身ともに健全な、次世代を担う人材を育成する」を目標としています。「次世代を担う」とは国を超え、世界へ羽ばたき、社会を変える核となるリーダーの育成です。6年間の中高一貫教育のメリットをいかし、「しっかり学び」「じっくり育て」「ゆっくり探る」の「学び・生活・キャリ教育」を3つの柱として特色ある教育活動を展開し、6年間を「基礎期」「充実期」「発展期」の3期に分け、2年間を一つのスパンとして発達段階に応じた教育で、幅広く、確かな知識を育成します。また、「科学・論理的思考力」「表現コミュニケーション力」「社会生活実践力」を育てたい能力として掲げ、「教科・科目の学習を通して身に付けた知識・技能を基礎としながら、自ら課題を見出し、課題を解決するため、他者と協働する学習に取り組むとともに、自然を探究する学習」を通して、重点的に科学・論理的思考力の育成に取り組んでいます。

 昨年来、猛威を振るい始めた新型コロナウイルスはまだ、その勢いをとどめることがありません。しかしそんな中でも、感染対策を打ち出し、ガイドラインを自ら作成し、自分たちの活動を守り抜いている本校生徒の姿に、あいまいな未来に立ち向かう次世代リーダーの資質を感じるばかりです。

 今年で13年目を迎えます。これからも「継承し深化する学校」、生徒が生き生きと充実した学校生活を送る、「生徒一人ひとりが輝く学校」として走り続けます。そして今年からは「Thinklogically,Actglobally, Search for the future, Keep inquiring」をStudentTaskとして、生徒・教職員一体となって本校ミッションをさらに進めています。今後とも相模原中等教育学校へのご理解とご支援のほどどうぞよろしくお願いいたします。そして、自らの手で世界を変える挑戦者、未来からの留学生をお待ちしています。

 第5代校長 藤原 敬子

 

校長だより1号(PDF:365KB)

校長だより2号(PDF:325KB) 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。