相模原中央支援学校 > 学校長挨拶

ここから本文です。

 


 
 
 
 
 

学校長挨拶

校長鈴木善之

 

神奈川県立相模原中央支援学校のホームページにアクセスしていただきまして、ありがとうございます。
本校は、平成23年に、県立さがみ緑風園跡地に開校し、今年度で10年目を迎える、まだ新しい学校です。本校は小学部・中学部・高等部に肢体不自由教育部門及び知的障害教育部門を設置し、視覚聴覚障害教育部門に幼稚部・小学部・中学部を設置する4つの障害種の併置校です。令和2年度は全校の幼児・児童・生徒あわせて264名(令和2年4月1日現在)です。教職員は教育系事務系あわせて200名を超えています。
本校の基本理念は開校以来「子どもの未来をみんなで創る」です。すべての子ども達は障害の有る無しに関わらず、地域で生きていきます。子ども達の未来を学校、保護者はもちろんのこと地域の方々や関係機関の皆さんと力をあわせて創る学校です。
本校の使命は、1.子どもの自立と社会参加を支援する。2.地域とともに共生社会づくりをすすめる。3.相模原地区における支援教育のランドマークとして機能する。4つの障害種別の教育部門を有する特別支援学校として、使命達成に向けて職員の専門性や授業力の向上に努力していきます。
今年度も教職員が一丸となって進んでまいります。皆様におかれましては、本校の教育及び地域の支援教育充実のため、御理解と御協力をお願いいたします。

学校長 鈴木 善之

 

 学校だより

令和2年度