相模原中央支援学校 > 在校生・保護者の方へ > 荒天時の休校等の基準

更新日:2019年2月19日

ここから本文です。

 

荒天時の休校等の基準

1.臨時休業について


次のような場合、幼児・児童・生徒の通学上の安全確保のために臨時休業とすることがあります。
1)相模原市地区に、地震に関する警戒宣言、或いは大雨、暴風雨、洪水、大雪等の気象警報が発令され、
幼児・児童・生徒の通学に困難が予想される場合。
2)交通ストや事故等により、通学に使用される主たる交通機関が不通になった場合。
3)災害、インフルエンザ、その他の緊急の事情により、幼児・児童・生徒の健康や安全の確保のため教育上
必要と認められる場合。

2.臨時休業の決定と連絡について


1)上記1.の状況が生じた場合、学校長の判断により臨時休業とすることがあります。

  • 前日に判断した場合には、その日のうちに配付物でご家庭に連絡いたします。
  • 当日の朝に判断する場合には、午前6時の段階で判断し、臨時休業とする場合には、学校より緊急メール配信によりご家庭に連絡いたします。(※メールの加入につきましては、入学後に改めて説明いたします。)
  • あわせて、本校ホームページの緊急連絡用掲示板(外部サイトへリンク)にも掲載します。


2)臨時休業にならない場合でも、お子さんの通学上の安全確保のために、天候の状態や交通事情に応じて、
  ご家庭の判断により無理な登校は避けるようにご配慮ください。

なお、学校との連絡について、上記以外の方法等が必要な場合にはご相談のうえ対応させていただきます。