津久井養護学校 > 地域の方へ > 教材教具 > 令和2年度自作教材・教具

更新日:2021年2月22日

ここから本文です。

「机上買い物プリント」 【算数・数学】          

 【使用場面】2_1

 ・高等部 数学

 【教材の使い方・工夫した点】

 ・スーパーの広告を使用し、指定された品物の金額を書き

  出し、合計金額を算出する。

 ・生徒に合わせて、好きなものを選ぶ、料理を指定して

  材料から考える、税込みの計算をする等、使い方を工夫する。

 

 

1から3までのかず 【算数・数学】

 【使用場面】2_2

   ・個別課題(3までの数量の学習)

 【教材の使い方・工夫した点】

 ・ケースに貼られたカードを見て、その数と同じ分具体物

  を入れていく。

  カードはマッチング形式から数字のみなどがあり、徐々

  にステップアップしていく。

 

 

ものの用途を問うカード【国語】

 【使用場面】2_3

   ・物の用途を問う学習(語彙・概念を増やす)

【教材の使い方・工夫した点】

   ・(例)「切るものはどれですか。」と問い、カードから

   選択を促す。

 ・カードをめくり、「紙を切っていますね。」等、切る

  動作を加えながら伝える。

 ・カルタのようにゲーム感覚で学習することができる。

 

 

色・形のマトリックス教材 【自立活動】

 【使用場面】2_4

   ・色や形を「2つ」の属性で分類する学習

 【教材の使い方・工夫した点】

   ①   マトリックス教材の縦・横の表札に従って盤の上に

   正しいカードが置けるように指導する。

   ② マトリックス盤に置いたカードを教師が示し、

   「これは何ですか?」と問う。2つの属性を合 わせて言葉で答えられるよう促す。

   (「赤い車」等。)

   ③ 盤上のカードの抜けているところを示し、「ここには何が入りますか。」と問い、言葉で答え

         られるよう促す。この学習を通し、色々なことを視覚的に整理することができる。

 

 

洗濯お手伝い【自立活動】

 【使用場面】2_5

 ・個別課題

 【教材の使い方・工夫した点】

 ・靴下の形をしたフェルトを使い、色のマッチングを

  する。  

  その後、指先を使って洗濯ピンチに干すようにする。

  (お手伝いが好きなので、意欲的に取り組んでいる。)

 

 

手袋シアター「きらきら星」【自立活動】

 【使用場面】2_6

  ・小学部 音楽

【教材の使い方・工夫した点】

  ・音楽に合わせて、手軽にシアターができる。

 

 

 

 

手袋シアター【自立活動】

 【使用場面】2_7

  ・生活(季節)

 【教材の使い方・工夫した点】

  ・鈴を入れて音が鳴るようにした。

  ・マジックテープで取り外しが簡単であるため、生徒も 

     使用できる。

 

 

 

どんな色(味)が好き?~香り付き教材~【自立活動】

 【使用場面】2_8

  ・図工(できるだけ五感を刺激するための教材)

 【教材の使い方・工夫した点】

  ・色から連想される香り(今回は果物の香り)を入浴剤 

   でつけているため、目が見えない児童でも、香りを

     感じて好きな色を選ぶことができる。

  ・スカーフは、はじめの歌で好きな色のスカーフを選

     んで児童に引っ張ってもらうようにした。

  ・粘土でのケーキ作りの際は、チョコレートエッセンス

     とバニラエッセンスを使った香りボトルで好きな味を

     選べるようにし、リアル感を出して意欲的に取り組めるようにした。

 

 

気球を動かそう! 【自立活動・コミュニケーション】

 【使用場面】2_9

  ・スイッチあそび(自分の力で物を動かす学習)

 【教材の使い方・工夫した点】

  ・自分がスイッチを操作し、物(気球)を動かす経験を  

   積むことで、「スイッチを操作する⇒物が動く」こと 

     に気付くことをねらって取り組んだ。

  ・糸が巻かれていくことで気球が動く。

  ・本人や友達などの写真を気球に乗せ、興味や意欲がもてるようにする。

 

 

香道(香り当てゲーム) 【自立活動】

 【使用場面】2_10

  ・クラス(LHR)等でのレク

  ・班やグループ仲間とのアイスブレイク

 【教材の使い方・工夫した点】

  ・香木は予算の関係でアロマオイル(6種)に変更した。

  ・用意した香り(子どもに合わせて数は変える。)専用の

     チップ用紙に香りをつけて配付。全部の香りを覚えてか

     ら、問題となる香りをつけて配付し、どの香りか当てる。

     答えをカードで示す。

  ・本来の香道と段取りを変え、1問ずつ出題と正解発表を  

     繰り返しながら行なった。

  ・視覚的な教材が多いため、嗅覚を使う教材を考えた。

 

 

スポンジボール【自立活動】

 【使用場面】2_11

  ・感触あそびの学習など

 【教材の使い方・工夫した点】

  ・足湯をする際に水に入れたり、ボールに触れたり投げ 

     たり…いろいろな場面で使える。つかむ力が弱い子で

     も、指にひっかかりやすい形のボール。

  ・投げても痛くないボール。

  ・材料がスポンジ3つと輪ゴムがあればできるため作成が簡単。

 

 

2人でぞうきんがけ(ソーシャルディスタンス仕様) 【自立活動】

 【使用場面】2_12

  ・自立活動・道徳

 【教材の使い方・工夫した点】

  ・2人同時に雑巾がけができる。

  ・工夫点は、2人の間の距離を保てるようにしたこと。

  ・お互いの気持ちを合わせないと、前に進めない。

 

 

ふくわらい(担任の顔ver.)

 【使用場面】2_13

  ・LHR (正月あそび)

  ・個別課題 (表情・感情)

 【教材の使い方・工夫した点】

  ・正月遊びとしてのふくわらい 

   担任などの知っている顔であることで、盛り上がることを

     期待した。

  ・表情と感情のマッチング

     知っている顔であることで注目してもらえることを期待した。

 

 

ドミノ【コミュニケーション】

 【使用場面】2_14

 (美術で制作を楽しむ)

 →1人で集中する遊び

 みんなで協力する、達成感を味わう遊び

 【教材の使い方・工夫した点】

   ①並べ始めるスタート地点を決め、38枚のドミノ板を

     好きな線で並べる。(間隔をとり立てて並べる微細運動)

   ②スタート⇒並べ中⇒並べ終了(倒れたところの写真を撮ると時間の経過と変化、結果を捉えられ

      る。)

    みんなで遊ぶ場合は、他の人の線に目をやりながら、どこかでつなげる。

   ・工夫した点は、板の着色から楽しめるよう、美術の混色グラデーションの授業で制作した。

   ・カレンダーの学習にも使える。(1から31の数字と曜日も書いてある。)

 

 

あいさつボード【国語・コミュニケーション】

 【使用場面】2_15

  ・登校時(朝の挨拶)

 【教材の使い方・工夫した点】

  ・週替わりで提示された先生に挨拶をしに行く。

     先生の名前をはっきり言えたらマグネットをもらい、

     該当する曜日のところにつける。生徒が楽しく取り組める

    ように、見て分かりやすいボードを作成した。

 

 

パズル(サンタクロース、干支の丑)、くじ引き  【コミュニケーション】

 【使用場面】2_16

  ・生活(年中行事を知り、楽しむ)

 【教材の使い方・工夫した点】

  ・生活の授業で学習した「クリスマス」や、ステンシルで制作した

     年賀状の「干支(丑)」の復習と確認をしながら、みんなでピースを

     担当してパズルを完成させる。

  ①くじを引いて、数字の大小を理解し順番を決める。

  ②自分の好きな形のピースを選ぶ。2_17

  ③台紙に大まかな縁取り線を描いて、ピースの形と照らし合わせて置く。

  ④1つずつ出来上がっていく過程と完成を楽しむ。