横浜栄高等学校 > 学校生活 > 最近の出来事

更新日:2021年9月9日

ここから本文です。

最近の出来事

2021(令和3)年度

共通テスト説明会

9月7日(火)6校時、来年1月に実施される共通テスト説明会が行われました。現在は感染症対策のため分散登校中で、授業は1クラスを半分に分けて実施しています。この日の説明会も3年次生を全16教室に分け、担任、副担任から受験案内が配付され、志願票の記入の仕方などが説明されました。

共通テスト説明会 共通テスト説明会2 共通テスト説明会3

授業開始

8月25日(水)、夏季休業が終わり学校が始まりました。新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて、1校時目が9:30から始まる時差短縮40分授業となりました。

放送による全校集会が2校時終了後にありました。この中で校長は、時差短縮授業のついての説明に加え、医療崩壊の懸念やデルタ株の猛威にふれ、従来の予防策の一層の徹底を呼びかけました。

授業開始1 授業開始2 

授業開始3 授業開始4

保育実習

7月27日(火)、28日(水)の2日間、選択科目「子どもの発達と保育」を受講する生徒が、近隣の赤い屋根保育園の協力を得て、幼児教育で行うお話しの一つ、パネルシアターを園児に披露しました。同保育園での実施は2年ぶりです。感染予防対策を万全にし、小道具や音響など準備万端で臨んだ結果、園児と触れ合いを通じて乳幼児理解が深まりました。

保育実習1 保育実習2

夏季休業

7月20日(火)、放送による全校集会が行われました。翌日からの夏季休業を前に、校長からは夏休みの心構えや「共に生きる社会かながわ憲章」についての話がありました。学習支援グループ、生徒支援グループからはそれぞれ夏休みの学習、生活について注意がありました。4月以降に好成績を上げた部活動の報告と表彰もありました。

夏季休業1 夏季休業2

工芸Ⅰ 一輪挿し制作

6月21日(月)、工芸Ⅰの作品「一輪挿し」が校内に展示されました。工芸Ⅰを選択した1年次生にとっては初めての作品です。唐三彩をオマージュした表面に凹凸のあるカラフルな仕上がりで、各自が持参した草花を活けて校内のあちこちに飾りました。

一輪挿し1 一輪挿し2 一輪挿し3 一輪挿し4

体育祭

6月8日(火)と9日(水)の2日間にわけて、第9回体育祭が実施されました。

新型コロナウイルス感染防止対策として例年と大きく形を変え、午前中のみの2日間開催、4色ではなくクラス毎縦割りの8チームにわかれての実施となりました。

種目についても、密な状況や接触をさけるよう体育委員が中心となって検討し、「宅急便リレー」や「フライシートリレー」、「普通じゃない綱引き」など今年ならではの工夫を凝らした内容でした。

結果は、1年4組・2年4組・3年4組による4組チームの優勝!おめでとうございます!!

taiikusai5 taiikusai6

taiikusai3 taiikusai4

ホタル観察会

6月3日(木)、ホタル観察会が実施されました。

新型コロナウイルスの影響で昨年は中止。2年ぶりの観察会となりましたが、1年次生約130名が参加しました。

今年は天候にも恵まれ、とても多くの蛍を観察することができました。

ホタル観察会については、こちらのページもご覧ください。

 蛍1 蛍2

 蛍3 蛍4