旭高等学校 > 学校概要 > 基本情報

更新日:2022年5月2日

ここから本文です。

基本情報

概要

課程・学科

全日制普通科

規模・学期

24学級・3学期制

沿革

昭和48年1月1日 神奈川県立旭高等学校設立告示全日制の課程普通科設置
県教育庁管理部総務室主幹西治夫初代校長に補せられる
昭和48年5月1日 開校式この日を創立記念日とする
昭和49年9月10日 第1期工事校舎(本館A棟)、体育館完成、移転
昭和50年3月22日 第2期工事校舎(特別教棟B棟・C棟)、格技場、部室完成
昭和50年7月16日 プール棟完成
昭和50年10月18日 校舎完成記念式典
昭和51年1月10日 グラウンド整備工事完了
昭和51年9月1日 県立旭高等学校教頭下山信一、二代校長に補せられる
昭和53年9月1日 県立城山高等学校校長北村明、三代校長に補せられる
昭和56年9月1日 県立橋本高等学校校長沼野哲司、四代校長に補せられる
昭和58年5月7日 創立10周年記念式典
昭和58年9月1日 県立保土ヶ谷高等学校校長川崎敏朗、五代校長に補せられる
昭和60年4月1日 県立大和南高等学校校長松本正信、六代校長に補せられる
昭和62年4月1日 県立清水ヶ丘高等学校校長澁谷晹、七代校長に補せられる
平成元年4月1日 教育庁管理部総務室専任主幹河内雅雄、八代校長に補せられる
平成3年4月1日 県立旭高等学校教頭濱田正一、九代校長に補せられる
平成5年4月1日 県立保土ヶ谷高等学校校長星野栄司、十代校長に補せられる
平成5年9月17日 創立20周年記念式典
平成9年4月1日 県立岡津高等学校校長梅原薫、十一代校長に補せられる
平成11年4月1日 県立厚木北高等学校校長小林誼、十二代校長に補せられる
平成13年4月1日 県立瀬谷西高等学校校長佐藤敏彦、十三代校長に補せられる
平成15年4月1日 県立平安高等学校教頭堀田正純、十四代校長に補せられる
平成15年10月21日 創立30周年記念式典
平成16年4月1日 県立生田高等学校教頭坂本英治、十五代校長に補せられる
平成21年4月1日 教育局人権教育担当課長宮代哲彦、十六代校長に補せられる
平成23年4月1日 県立藤沢工科高等学校校長近藤和朗、十七代校長に補せられる
平成25年10月29日 創立40周年記念式典
平成27年4月1日 県立旭高等学校副校長古谷康司、十八代校長に補せられる
平成31年4月1日 県立厚木北高等学校校長河原克宣、十九代校長に補せられる。
令和3年4月1日 県立伊勢原高等学校校長広瀬邦彦、二十代校長に補せられる。

校章の由来

校章はその学校の精神的な理念と伝統を象徴しますので、形とその美しさに大きな意味があります。そこで、校名にちなんで、高い理想と誇りがもてるように太陽が図案化されています。

kosho

若さと情熱を

中央の太陽は高い理想をめざして、たゆまぬ努力を続ける若人の意気を象徴します。型は楕円をあらわし、活気と軽快さを、地色の赤は、青年の若々しい情熱と力を意味します。

希望をもって飛翔を

太陽の周りはコロナで、それを白地であらわし、誠実、純真さを、周囲の型は、一人一人が理想をめざし、未来に向って飛翔する姿を意味します。

校旗

koki

校歌

koka