更新日:2020年3月31日

ここから本文です。

学校目標

教育目的

 日本国憲法、教育基本法ならびに学校教育法の精神にのっとり、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の有為な形成者を育成することを目的として、生徒一人ひとりの個性の伸長をはかり、心身の発達に応じて、高等普通教育及び専門教育を総合的に施す。

教育目標

 心豊かに主体的・創造的に生きていくことができる資質や能力を確実に身につけ、社会生活においてそれらを最大限に活用して自己を取り巻く環境に対応し、自らの仕事を創造的に遂行したり、生活を豊かにしていくことのできる人間の育成に努める。

一人ひとりの個性の伸長をはかるとともに、自己理解を促し、生き方や自己の進路への自覚を深めるために、実践的・体験的な学習を重視し多様な能力や個性に対応した柔軟な教育により「個の確立」をはかる。
学ぶことの楽しさや成就感を体験することのできる多様な選択科目からの主体的な学習や特別活動により、学問・芸術・スポーツを愛し、知識を広めるとともに自己実現に結びつく知・徳・体のバランスのとれた発達を目指す。
社会についての広く深い理解と健全な批判力を養い、他者を理解し、共に生きる社会の形成者となるために、総合的な教育活動を通して「社会性の獲得」をはかる。

学校目標

 麻生総合高校では、学校目標を定め、具体的な手立てに基づいて学校運営を行っています。

平成28年度~平成31年度 学校教育計画はこちら(PDF:328KB)
令和2年度 学校評価実施報告書(目標設定)はこちら(準備中)
平成31年度(令和元年度) 学校評価実施報告書(実施結果)はこちら(PDF:323KB)

グランドデザイン

 本校のグランドデザインはこちら(PDF:207KB)

不祥事ゼロプログラム

 麻生総合高等学校では「教育委員会不祥事ゼロプログラム作成方針」に基づき、不祥事の未然防止を図るため、「麻生総合高等学校不祥事ゼロプログラム」を定めています。

令和元年度の麻生総合高等学校不祥事ゼロプログラムはこちら(PDF:197KB)
令和元年度の麻生総合高等学校不祥事ゼロプログラム検証結果はこちら(PDF:255KB)

いじめ防止基本方針

 麻生総合高等学校では「いじめ防止基本方針」に基づき、すべての生徒がいじめを行わず、また、ほかの生徒に対して行われるいじめを認識しながら放置することが無いよう、学校全体でいじめの防止の対策を行います。

本校のいじめ防止基本方針はこちら(PDF:246KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。