上鶴間高等学校 > 学校概要 > 学校長挨拶

更新日:2021年5月20日

ここから本文です。

学校長挨拶

鶴間高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。kouchou-2019

鶴間高等学校に着任して3年目を迎えることとなりました。相模原で育った私にとりまして、思い入れの深い地であります。上鶴間高等学校の発展とともに、生徒の皆さんの輝かしい未来に向けて、尽力したいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

年度は4月8日(木曜日)に新型コロナウイルス感染防止対策を施しての入学式を挙行し、第45期生298名を迎え入れることが出来ました。在籍数は922名でのスタートとなりました。引き続き新型コロナウイルスの感染防止対策を施しながら教育活動を継続して参ります。

 

本校の学校目標と目指す生徒像、育てたい3つの力は、次の通りです。

 

【学校教育目標】

「共生社会を実現し、Society5.0を力強く生き抜いていくために必要な力、ICTを通した人材の育成」

 

【めざす生徒像】

時代が求める、創造性豊かな、次世代の人材

自立し、共生社会に貢献できる人材

国際社会でたくましく生き抜く力のある人材

 

【育てたい3つの力】

<Innovation>

新しい仕組み、考え方を提案し創出し続ける力:「創造」

<Challenge>

課題解決のために、自ら考え挑戦し続ける力:「挑戦」

<Teamwork>

他者と力を合わせ、目標を達成する力:「協同協力」

 

上記の学校目標と目指す生徒像の実現と3つの力を育成するため、我々教職員はこれまで通り様々な取組を行ってまいります。

校は、県立高校指定事業(II期)でも『ICT利活用授業研究推進校』の指定を受け3年目を迎え、これまでの研究成果をまとめ、広める時期となりました。ICT機器を普通の教具として取扱い、生徒たちが自ら考え学んでいく「主体的・対話的で深い学び」を推進すること、また、『インクルーシブ教育実践推進校』として特別募集生徒20名を迎え入れ、「共生社会の実現」を目指し、「個性を尊重し、相互理解を深め、地域とともにある学校」としてより一層の取組みが求められています。学校教育力・組織力の向上を目指した「チーム上鶴間」を構築するため、教員一人ひとりが力を発揮できる環境の整備に努めていきたいと考えています。

鶴間高等学校は、これからも保護者や地域の方々から信頼される学校づくりを推進してまいりますので、今後ともご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

校HPは、日々更新を続け、いち早く学校の様子をお伝えできるよう職員一同頑張っています。これからも引き続き本校HPを多くの方々にご覧いただきたいと願っています。

 

上鶴間高等学校第16代校長小林芳明

 

 

新型コロナウイルス等を含めました様々な情報は、このHPにてお知らせするとともに、保護者の皆さまには、マチコミメールも併用して、お知らせして参ります。