ここから本文です。

特色

国際理解教育

  国際教育は横浜氷取沢高校の大きな柱であり、「グローバル化が進展する社会で活躍できる人を育てる」ことを目標に、海外の高校との交流、スピーチコンテスト、海外修学旅行などの取組みを行います。

 海外の高校との交流では、オーストラリアと韓国の高校との交流を行います。どちらも、相互に高校授業体験やホームステイ体験を行うことで、異文化理解や国際的なコミュニケーション力を高めます。

 1,2年生が参加するスピーチコンテストでは、生徒の「英語で伝える力」を育成することで、英語コミュニケーション能力の向上を図ります。

 そして、海外修学旅行は、海外へ訪問することで、異文化理解と国際コミュニケーションツールとしての英語を実践的に使用することで、生徒の国際的な視野を広げ、国際交流の経験を積むことを目的とします。

 オーストラリアの高校との交流の様子韓国訪問団の様子韓国の高校での文化体験

令和2年度の実施報告

●海外の姉妹校や高等学校との交流

 韓国の始興陵谷高等学校やオーストラリアのパラフィールド・ガーデンズ・ハイスクールとの相互交流を行っていますが、令和2年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、インターネット会議システムを利用したオンライン交流を行いました。

 始興陵谷高等学校とは10月から12月にかけて、3回のオンライン交流を行い、自国の文化、音楽、アニメーションに関する情報を調べ、相手の国の言葉で報告する交流を行いました。

 パラフィールド・ガーデンズ・ハイスクールとは8月から11月にかけて、4回のオンライン交流を行い、互いの学校と地域の紹介、英語と日本語の慣用表現、本校の修学旅行に関する情報を調べ、英語で報告する交流を行いました。

 オーストラリア交流(2020年度・4回)韓国姉妹校交流(2020年度・第3回) ←オンライン交流の様子

 

 

●スピーチコンテスト

 

 1年生はSDGsの目標に沿ったオバマ米元大統領などの著名人の演説の暗唱、2年生は選択したテーマをもとに自らの主張をスピーチとして作成し発表しました。

 各クラスで予選を行い、10月23日水曜日にクラスファイナリストによる決勝としてスピーチコンテストを開催しました。ファイナリストのスピーチは日々に学習成果を十分に発揮し、聴衆をあっとした素晴らしい発表となりました。

 この活動を通じて生徒の英語のコミュニケーション能力が一層高められました。