海洋科学高等学校 > 特色 > 情報通信科

更新日:2020年9月30日

ここから本文です。

専攻科情報通信科

特徴

専攻科情報通信科は、無線従事者国家資格の取得を目指した教育機関です。 上級無線従事者の養成校は関東地区では本校だけとなっています。

5年間の専門教育

入学定員は10名で入学試験は神奈川県の公立高校と同じ日程で行われます。    受検資格は高等学校卒業以上の方が対象ですが、本校の海洋科学科一般コース「海洋電子・情報通信系列」を卒業後に「専攻科情報通信科」に進学することを推奨しています。 その理由は「海洋電子・情報通信系列」での高校2年次3年次での専門授業や、放課後や夏休みなどの補習の積み重ねの上に「専攻科情報通信科」の国家試験の合格率や就職先があるからです。

授業内容

1年次・2年次を通して、無線設備の操作と運用ができる総合無線通信士の学科と実技を中心に学習します。

専攻科情報通信

大型実習船「湘南丸」レーダーマスト

 

専攻科情報通信

無線通信「モールス送信練習」

資格

第一級総合無線通信士(国家試験7科目のうち、「電気通信術」が免除)

第二級総合無線通信士(国家試験7科目のうち、「無線工学の基礎」「英語」「電気通信術」が免除)

第二級陸上無線技術士(国家試験4科目のうち、「無線工学の基礎」が免除)

第二級海上無線通信士(国家試験6科目のうち、「無線工学の基礎」「英語」が免除)

第三級海上無線通信士(修了者は免許申請のみで取得可能「成績に条件あり」)

2020入学式

夢に向かって一緒に羽ばたこう!