ここから本文です。

学校概要

~やがて大樹になるために~

 港北高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

 本校は1969年に全日制普通科高校として港北区大倉山(旧太尾町)の地に誕生し、「生徒の優れた能力を見出し、それを伸ばす学校」という理念を柱に、明朗で活力のある生徒が集う学校として歴史を重ね、今年で創立52年目を迎えました。この間、17,000名余りの卒業生を輩出し、数多くの卒業生が各界で様々な活躍をしております。これまでに築き上げられてきた港北高校の伝統を継承しながら「令和」とういう新たな時代とともに、港北高校の更なる進化に向けて新たな歴史を刻んでまいりたいと思います。

 今春、52期生318名の新入生を迎え、全学年26クラス1025名で新しい学期・学年をスタートいたしました。

 生徒たちは自然豊かな恵まれた環境の中で、保護者の皆様や地域の方々に温かく見守られながら勉強や学校行事、部活動にと、充実した学校生活を送ることができています。あらためて感謝申し上げます。

 校歌の一節にある「やがて大樹になるために」を合言葉に教職員一丸となり、日々の教育活動を大切に港北生の可能性を最大限に引き出しながらその礎を築くべく、取り組んでおります。

  さて、本校は県立高校改革実施計画(Ⅰ期)により、平成28年度からの3年間、授業力向上推進重点校に指定され、主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニングの視点)による言語活動の充実を図り、より深い理解と確かな学力を目指し、これからの時代に求められる「課題を発見し解決するために必要な「自ら主体的に学び続ける力(自学力)」の育成に取り組んでまいりました。

  県立高校改革実施計画(Ⅱ期)においても、引き続き授業力向上推進重点校の指定を受けることとなりました。今まで取り組んできた成果を検証しながら学校全体で生徒一人ひとりの更なる学力の定着と向上を図るため、授業力向上に関する先進的な研究開発を進めてまいります。

 

 今後とも本校の教育活動へのご理解・ご支援を賜りますようお願いいたします。

 

 令和2年4月

校長 坂田 輝之

 

 教育方針

港北高等学校のミッション

県立高校改革実施計画(Ⅰ期)の一部改定及び県立高校改革実施計画(Ⅱ期)の策定に伴い、今までのミッションを改定し、新たなミッションが設定されました。

平成31年4月1日

港北高等学校のミッション

  全日制普通科の高校として、生徒一人ひとりの学習や進路等の目標の実現に応えるため、学年制によるカリキュラム・マネジメントに学校全体で取り組み、学力の育成、豊かな人間性や社会性を培い、社会的・職業的に自立することをめざした学校づくりに取り組む。

教育課程については、共通教科・科目を中心に、生徒の特性や地域・学校等の実情を踏まえながら、普通科として適切な編成を行う。

これまで、自己の目標の実現に向けた実践力及び協調性をもつ人材の育成をめざし、生徒が自ら学ぶ力の育成に取り組んできた。また、自ら課題を発見し解決する力を育むための不断の授業改善を行う等、社会の変化に柔軟に対応できる豊かな人間性と将来にわたり学び続ける力の育成に向けた教育活動の充実に取り組んできた。

今後も引き続き、学校全体で、「授業力向上推進重点校」として研究開発に取り組み、その成果を地域の県立高校に様々な機会を設けて普及する。

教育目標

中学校における教育の基礎の上に高等学校普通科の教育を施し、人間性の涵養と品性の向上につとめるとともに次の諸点に特に意を用いる。 
  1. 理想を高くもち研究心旺盛な人となる。  
  2. 各自の特性を活かし誠実にして実践力ある人となる。 
  3. 健康明朗にして幅広く協調性ある人となる。 

自学力育成への取り組み

自学力とは、本校の学力向上への取組みのなかで生まれた言葉で、現在は、次のように定義しています。
自学力
※詳しくは、特色(アクティブ・ラーニング 自学力の育成)のページをご覧ください。 

カリキュラム

概要

本校の規模

創立 1968年12月
          全日制 普通科 26学級 (1学年9学級、2学年9学級、3学年8学級)
          全校生徒 1027名(H31年4月5日現在) 

  合計
1学年 179名 179名 358名
2学年 167名 189名 356名
3学年 143名 170名 313名
489名 538名 1027名

敷地面積 35,401.64m2
建物敷地 18,546.13m2   運動場 16,855.51m

校章 及び ロゴマーク

校章

旭日は高い理想と探究心旺盛な青年の意気を、桜花は日本人としての自覚と健康で調和のとれた人間の成長を表す。「高」を丸く中心に配し、協力を誓う。

LOGO

 創立40周年を機に、新しい港北高校のイメージを象徴したロゴマークを設定。港北のイニシャルKに若葉を配する。スクールカラーである緑色を基調に若葉色から深みを増していく配色は、伸びゆく港北生の姿を表現している。

校歌

作詞 米山 正夫
作曲 米山 正夫
一、
仰ぎ見る 白い雲
大倉山の朝
こゝに集い こゝに学ぶ
三年の月日
あゝ
それは われらの人生の
尊いページをひらく時
仰ぎ見る わが母校
港北高校



 二、
風そよぐ鶴見川
見下ろす学び舎に
友と語り 友と歌う
楽しい窓辺
あゝ
いつも変わらぬ友情を
大きく支えるその誠実
風そよぐ わが母校
港北高校



 三、
忘れ得ぬ 校庭よ
太尾の この土よ
胸に映し 胸に刻む
記念樹のこゝろ
あゝ
やがて大樹になるために
みどりの梢のたくましく
忘れ得ぬ わが母校
港北高校

 校歌MIDIデータ

本校の取り組み

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。