更新日:2020年1月9日

ここから本文です。

電気科

 電気科トップ

・電気工事士や工事担任者などの国家資格の取得を目指します。
・電子回路の設計・制作およびコンピューターによるプログラミングを総合的に学習し、制御技術を身につけたシステムエンジニアを育成します。
・電気工事の技術や知識およびシーケンス制御の設計技術を総合的に学習し、電気技術を身につけた技術者を育成します。

 

おしらせ

〇2級電子機器組立て技能士、3級電子機器組立て技能士

 本校にて技能検定電子機器組立て部門の2級と3級の試験が行われました。
電気科では昨年度から力を入れて取り組んでいる検定です。(技能検定は社会人の方々が技術力向上のために仕事の一環で取るような国家検定です!!)
今年度は電気科生徒2名が2級を合格(前回3級合格した生徒)し、7名が3級を合格しました。
技能検定は筆記試験と実技試験に合格しなくてはいけませんが、実技試験は3級は制限時間90分間、2級はなんと制限時間4時間30分以内に完成させないといけません!!夏休みも返上し、生徒たちは実技試験対策と筆記試験対策にしっかりと取り組んできました。合格者は神奈川県知事から合格証書と技能士章を授与され、生徒たちは技能士となります。今後も技術の向上に努めていきたいと思います。
城北工業の電気科を受検しようとしている中学生の皆さん、入学したらいっしょに取り組んでいきましょう!!

電子機器組立て技能士3 電子機器組立て技能士2

2級実技試験の課題です。とても難しく組み立てやはんだづけをするのに4時間30分かかります。
センサーに手をかざすと起動します。

電子機器組立て技能士1

合格した9名です。左手には合格証書、右手には技能士章(バッジ)を持っています。

 

〇高校生ものづくりコンテスト神奈川大会 電子回路組立部門
電気科及び電気研究部より4名2チームが高校生ものづくりコンテスト電子回路組立部門に挑戦しました。
電子回路組立部門はハンダ付け技術とプログラム技術が問われる大会です。電気工事士試験や技能検定受験練習など多忙な中、なかなか練習時間が取れず大変でした。
プログラムは7セグメントLEDやモータ、ブザーを課題に合わせ制御するため、制御するのは大変苦労しました。練習時間があと1週間欲しいところでした。
本番ではハンダ付け担当とプログラム担当に分かれ、それぞれ一生懸命頑張りましたが、プログラムも不具合が生じ動作せず、大変悔しい結果でした。
結果、短い時間ですが、練習した成果なのか第5位、第6位と入賞する事ができました。

電子回路組立部門1 電子回路組立部門2

電子回路組立部門3 電子回路組立部門4

電子回路組立部門5 電子回路組立部門6

電子回路組立部門7

 

 

専門科目一覧(令和元年度生カリキュラム)

1年次[電気と情報の基礎分野の学習と技能の習得]

工業技術基礎
工作 ライントレースロボット(ライン上を動くロボット)の製作およびその技術を習得します。
電気工事 電気工事に関する工具や器具の使い方や基本回路制作技術を習得します。
コンピュータ WordやExcelを使ってレポートやグラフの作成技術を習得します。
計測 電気回路において計測器の使い方や基本的な測定方法を習得します。

 

情報技術基礎
ハードウェア コンピュータの基本構成やデータの取り扱いの学習をします。
ソフトウェア C言語によるプログラミングとフローチャートの作成技術を習得します。

 

 

電気基礎
オームの法則などの直流回路の計算と電力の計算を学習します。


 

2年次[電気・電子・情報の各分野の学習と技術の習得]

実習
電子工作 ライントレースロボットの設計および製作技術を習得します。
電気工事 資格試験にも出題される単位作業の技術を習得します。
コンピュータ制御 LEDやモータ制御のプログラミング技術を習得します。
計測 電子回路や電気機器の測定をし、回路動作についての理解を深めます。

 

電気基礎
交流の表し方や交流が流れる基本的回路と電気計器による測定法について学習します。

 

電気機器
直流モーターや直流発電機や変圧器の構造や取扱いについて学習します。

 

電力技術
照明の構造や設計、コンピュータ制御をはじめとする自動制御、電車やリニアモーターカーの原理や構造について学習します。

 

電子技術
ダイオードやトランジスタなどの半導体素子や、増幅回路の基本、変調・復調(電波に情報を乗せたり、取り出したりすること)について学習します。
※電気機器・電子計測(電子技術)は座学で学んだことを実習を通して実験とレポートでまとめます。

 

共通選択科目

工業科目、普通選択科目から選択できます。

電気科の選択科目は「プログラミング技術」を予定しています。

 

 

3年次[実践的な技術と技能の習得]

実習
シーケンス制御 工場のオートメーションやエレベータを制御する回路の技術を習得します。
コンピュータ制御 プログラムによる制御技術を習得します。
電気機器 モータや発電機、太陽光発電などの動作技術を習得します。
電子計測 アナログ回路やディジタル回路の動作についての理解を深めます。

 

課題研究
コンピュータ コンピュータ制御やソフトウェア開発などの研究をします。
工作技術 ロボットやアンプ、スピーカなどの設計製作の研究をします。
電力技術 水力や風力、太陽光などの発電技術やシーケンス制御技術の研究をします。
資格取得 電気工事士や工事担任者などの国家資格の学習研究をします。

 

製図
CAD コンピュータによる図面作製技術を学習と設計技術を習得します。
手書き 図面作成技法の学習と屋内配線や電子回路の設計技術を習得します。

 

電気機器
新幹線などのモーターや発電所の発電機などの技術を学習します。

 

電力技術
発電所のしくみや送電線の理解、配電の理論や法則を学習します

 

必修選択科目

工業科目、普通選択科目から選択できます。

電気科の選択科目は「電力技術」と「通信技術」を予定しています