横浜氷取沢高等学校 > 学校概要 > 教育目標・沿革

更新日:2020年10月26日

ここから本文です。

教育目標・沿革

教育目標

 めざす生徒像:

『グローバル社会の中で主体的に考え協働する中で、挑戦し続ける生徒』

 教育目標:

  (1)国際的な視野を持ち、主体的に考え探究する人間性の育成

  (2)多様な価値観を尊重し、ともに歩んでいく心の育成

  (3)自らの課題に挑戦し、自己を伸ばし続ける姿勢の育成

沿革

 

 

平成28年   1月25日    県立高校改革 新校設置に関する準備委員会設置
平成31年   3月   県立高校改革実施計画(Ⅰ期)横浜南西地域普通科(氷取沢高校・磯子高校)設置計画
令和元年   5月 9日 県立高校改革(再編・統合)に係る開校準備委員会設置
  同    11月1日  「神奈川県立横浜氷取沢高等学校」設置
  横浜市磯子区氷取沢町938番地の2 県立氷取沢高等学校内にて開校事務を開始
  県立氷取沢高等学校長本郷宏一 初代校長兼務辞令
令和2年 3月7日   県立氷取沢高等学校 第35回卒業証書授与式挙行(男子190名・女子157名 計347名)
  同  3月7日   県立磯子高等学校 第41回卒業証書授与式挙行(男子123名・女子160名 計283名)
  同  4月 1日     神奈川県立横浜氷取沢高等学校開校
  同  4月 7日   第3期生入学式挙行 (男子200名・女子158名 計358名入学)