ここから本文です。

特色(総合技術科)

 
  • 従来の工業高校のように、入学時から機械科や電気科などの専門を選択するのではなく、全員が総合技術科として入学し、ものづくりの全般について学んでいきます。
  •   1年時は全員共通で同じ科目を学習します。(芸術のみ選択科目)
      普通科目で、基礎学力を養い、専門科目では、「工業技術基礎」・「工業数理基礎」・「情報技術基礎」等の授業を中心に工業の基礎的な科目を学習します。   
  •   1年時の「総合ガイダンス」の授業では、企業の方や大学、専門学校の先生に講演をしていただいたり、工場や施設の見学等、産業にかかわる人間としての心得を学びます。    
  •   2年時からは、興味・関心や進路・適性に合わせて系(専門)を選択をします。
      系は、生産技術系・情報通信系・建築系・住環境系・都市土木系・総合デザイン系を設置しており、多くの専門から選択できます。
      1年時の「総合ガイダンス」の授業では系の詳しい説明を行います。また、「工業技術基礎」の授業では、全ての系の授業を体験して、じっくりと系選択ができます。   
  •   2・3年時のクラス編成は、6系ミックスホームルームで行っています。
  •   2・3年時では、進路・適性に合わせた各系の科目と共通科の科目を設けています。

    詳細は、学校案内パンフレットや学校説明会等で確認してください。    

  • 3年時には、系を超えた「課題研究」という科目があります。平成30年度は20テーマ以上ある中より、 個人や系でグループをつくり、研究テーマについて学習しています。

    詳細は、学校案内パンフレットや学校説明会等で確認してください。