更新日:2020年6月30日

ここから本文です。

最近の出来事

令和2年6月16日 地域の方からのお礼の電話

先日、保土ヶ谷にお住まいの方から次のような電話をいただきました。

「ちょうど通りかかった際に、知り合いの年配の女性が、路上でうずくまっていたところを高校生が介抱している様子なので、心配になり声をかけました。」

「すると、知り合いの女性は、『路上で体調が悪くなったところ、生徒さんが介抱してくれていました。』とのことでした。」

「男の子が一人で声をかけるのは勇気があり、感心し、とてもありがたく思い、名前を聞いたのですが、名乗らずに去って行ってしまいました。」

この地域の方は「せめて、学校にお伝えしようと思って」とお電話をくださったとのことです。「素晴らしい生徒さんがいらっしゃいますね」と、褒めていただきました。

<校長から>やさしさの行動

「困っている方がいたときに声をかける」ことができる、本校生徒がやさしさを持った対応ができたことはとてもうれしかったです。担任の教員を通して該当学年の生徒に伝えてもらう予定です。

今後も、生徒一人ひとりが地域の一員としての自覚をもって行動できる「すてきな学校づくり」を推進してまいります。