ここから本文です。

学校生活

年間行事(令和元年度)

5月 新入生歓迎会
6月 球技大会、模擬試験(国際科)
7月 英語合宿、姉妹校訪問(オーストラリア)、夏季講習、補習
8月 サマープログラム(夏休みを利用した特別講座やイベント)
9月 YIS英語スピーチコンテスト(7日)、文化祭(14日・15日)
10月 姉妹校訪問団の受け入れ(フランス・ドイツ)、模擬試験(国際科)、アジアスポーツフェスタ
11月 開校記念日(1日)、海外修学旅行、総合的な探求の時間ワークショップ
1月 模擬試験(国際科)、姉妹校訪問予定(韓国)、DPスタート(IB)

3月

PR発表会(国際科)、球技大会、姉妹校訪問予定(アメリカ・台湾・ドイツ・モロッコ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部活動について

本校は、活動日は最大で週4日です。最終下校時間は午後6時30分です。運動部の大会や文化祭の発表前には、届け出により一週間程度の朝練習を行うことがあります。
また、大会や発表会といった特別な活動を除いて、日曜日・祝日に部活動はありません。このような配慮を行う理由は6つあります。

理由1 専門高校として外国語の授業が多く、外国語習得に必須の予習・復習の時間を確保しなければなりません。
理由2 卒業後の進路として多くの生徒が大学進学を目指しており、部活動の大切さを学ぶと共に、学習時間の確保が必要です。
理由3 クラス数が少ないために部員数が少ない部もあり、保護者や生徒は、学習と両立できる無理のない活動を望んでいます。
理由4 通学範囲が広く、片道2時間程かけて登下校する生徒もいるので、安全面を考慮して下校時間を設定しています。
理由5 英語合宿、姉妹校訪問、サマープログラムをはじめ、国際高校として必要な教育課程上の学習や行事が沢山あり、部活動とのバランスをとる必要があります。
理由6 姉妹校訪問の際には事前学習として、現地で披露するプレゼンテーションの練習や訪問団の打ち合わせを放課後に行います。また、外国からの訪問団の受け入れも多く、交流会は主に放課後に行うために、部活動との両立ができる工夫が必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神奈川県では、部活動を積極的に推進しています。本校では専門高校として、国際交流のような特色ある活動を行いながら、上述のように様々工夫を凝らして、学習と両立できる無理のない部活動を実践しています。そのために部活動の加入率は高く、生徒達は時間を有効に使って活発に活動しています。

部活動・同好会

運動部

文化部

同好会

 

委員会活動

 

委員会名

委員の数

活動内容

図書委員会

各クラス

2名

図書委員会は、生徒と本との出会いを取り持つ活動をしています。カウンターでの当番、本を紹介する図書館報の発行、館内の環境整備などを行っています。
保健委員会

各クラス

2名

校内の保健衛生の向上を目的とした活動を行います。
環境委員会

各クラス

2名

新入生歓迎会での掃除の指揮、YIS祭でのゴミステーション運営、クラスでのゴミの分別の呼びかけ、ポスター作成などやりがいのある仕事を行っています。
国際交流委員会

各クラス

4名

国際交流委員会の活動内容
地域連携委員会

各クラス

2名

地域連携委員会の活動内容
広報委員会

各クラス

2名

校内の広報活動を行います。
文化祭実行委員会

各クラス

3名まで

9月の文化祭(YIS祭)に向け、4月から準備をはじめ、文化祭(YIS祭)当日は全体の運行から受付、食品や特別企画の運営、後夜祭の司会進行などを行い、文化祭を盛り上げていきます。
新入生歓迎委員会

各クラス

2名

新入生歓迎会の企画と運営を行います。
球技大会実行委員会

各クラス

2名

球技大会の企画・運営を行います。
選挙管理委員会

各クラス

2名

生徒会役員選挙の企画・運営を行います。
評議委員会

各クラス

2名

学級の代表として、生徒の意見をまとめたり企画・運営を行います。