秦野高等学校 > 学校生活 > 部活動 > 男子バレーボール部

更新日:2020年11月26日

ここから本文です。

男子バレーボール部

秦野男子バレーボール部

現在 2年4名 1年14名で活動中

大会情報

令和2年度 北相地区冬季バレーボール大会

秦野  27-25 大和南

    25-11 

で地区ベスト8の大和南を倒し、リーグ戦突破しました!

秦野  25-12 麻溝台

    25-23  

秦野  25-17 綾瀬

    25-20

トーナメント戦を勝ち上がり、地区第9位となり、シード校となりました。

一月の新人戦で本選を狙います。

 

令和年度 県選手権バレーボール大会

秦野  25-12 横須賀

    25-11  

秦野  21-25 神奈川工業

    25-22

    25-22

秦野  16-25 山北

    15-25

 

県ベスト32を達成!

 全日本選手のバレーボール教室のスタッフ活動

バレーボール部

 

 

白樺湖バレー部2

活動日・活動内容

月、水、金(試合、課題練習)

                  練習内容は基本、毎回試合をします。(初心者も含めとにかく全員)

      同じ力同士の2チームを作り、そのチームで活動をする。

      その中で課題をみつけ個々の自分の練習やをする方式です。

      形式の練習はほぼしません。

火、水、金(トレーニング、メンタルトレーニング)

      選手がダッシュ、体幹、スピード、パワー、ジャンプ、スパイクの威力、レシーブ

      などの様々なメニューの中から自主的に選ぶシステムで、必ず目的をもってトレーニン

      グをするシステムです。疲労が高いとオフも選択できます。

      指示はマネージャーが出すために選手同士で意識を高めあっています。

土、日、祝(練習・試合) 

      試合のフォーメーション、作戦、コンビ、目的などすべてを選手が決めゲームを行いま   

      す。ゲームの後のミーティングはコミュニケーション、決断力、実行力、感情を高める

      トレーニングとなります。

サポート日:木

      必ず休養を取ります。休養のトレーニング、理論を用いてホルモン値やコンディション  

      を整える日となります。ただ、体に疲労がたまっていない人は自主トレをしている姿も

      見られます。

 

その他(朝練、勉強、塾)

       本校のミッションである「文武両道」のもと、朝練は睡眠にあてています。必ず睡眠を

       取り次の日に疲労を残さないようにします。どうしてもやりたいという生徒が自主練を

      するときもあります。

      また、勉強や塾を優先していますので、塾がある生徒は先に抜ける事や、夏期講習など

      もそちらを優先として、大学進学や自分の望む進路に対しても保障しています。

      また、勉強会なども開き、宿題や課題などを取り組む日も設けています。

 

チーム目標:関東大会出場

      

活動内容

    「人生の秘訣は、惜しみなく与えることである。」をモットーに、成功の原則を学び、

     たくさんの壁や困難を乗り越え、1人の人間として成長し大きい存在となることで地域や

     様々な人に貢献ができる人間の育成。

活動理念

        部活内容

活動目的

重力が上から下に働くように「成功」にも法則があります。その法則を学び実践することで、心の底からの充実感を手に入れ、「質の高い人生」を卒業後も送れるようにします。

具体的には、私たちの日常は90%以上が無意識で行動しています。つまり自分ではわからない無意識の設計図というものを持っており、その設計図通りの人生を実現している。「設計図」の通りに「施工」され、「家」ができるように、「設計図」の通りに「行動」し、「結果」ができるのです。バレー部では、この「設計図」に働きかけ、選手の夢が叶うように「無意識の設計図」を調整します。そのため、はじめは夢物語で描く目標でも必ず達成することができます。全員が初心者のスタートでも県ベスト32になり、誰もが不可能と考えられる100kmを全員が完走する、全日本選手のバレーボール教室のスタッフ活動に参加するなど、自分で描く成功を収めることができます。バレーボールのスキルを磨きつつ、リーダーのスキルトレーニング、お金の稼ぎ方、人間関係のコミュニケーショントレーニングを日々磨いています。海外の世界No1のコーチのトレーニング内容を実践しております。

その力を身につけ自分のためだけでなく、チームメイト、地域社会に喜ばれるため、他人に喜んでもらうために活動を心がけています。そのため様々な地域貢献をはじめ、企業との連携によるボランティア活動など積極的に行っております。

自分の「成長」とチームに「貢献」していることが常に感じられるようなチーム作りを目的に、1人1人が考え行動することを基盤に様々なことを選手主体で行っています。部活運営、毎日の練習メニューや、試合での戦術、フォーメーション、レギュラー決めなど責任を持って選手が決定します。また、毎日同じ練習ではなく、フットサルを行ったり、水泳を行ったり、スマブラ(ゲーム)の大会、誕生日会など、多岐にわたる活動もしています。

秦野高校は、失敗やミスを怖れず行動し、自分が取った行動から一つの結果が生まれその中から失敗、挫折、成功体験をはじめ様々なことを学びます。そして、自分の行動力を鍛えてそれぞれの進路を実現する力や高校卒業後も社会で活躍できる力を身につけます。

 

ハード(身体)はもちろん、ソフト(思考、マインド)のトレーニング内容などは、他の高校では味わえない企業のトレーニングを取り入れています。

確実に、企業に入ったときに即戦力となる「リーダー」になれる部活動です。 

必ず自分の夢を実現できる1人の自立した人間になれることを約束します。

 

思考トレーニング ベスト32
食事会1

打ち上げ

 

バレー部1  
   

 

過去の活動状況

令和2年度の活動状況
大会規模 大会名 記 録 備 考  
 地区大会 県央大会 ベスト8    
地区大会 関東大会地区予選 ベスト8  県大会出場権獲得  
県大会 関東大会県予選  1回戦     
県大会 全国高校総体  2回戦     
地区大会 北相地区秋季大会 ベスト16    
県大会 選手権大会 1回戦    
地区大会 北相地区冬季大会 リーグ戦 3位     
地区大会 新人戦地区予選  2回戦     

 

令和元年度の活動状況
大会規模 大会名 記 録 備 考  
 地区大会 県央大会 3 位    
 地区大会 関東大会地区予選 ベスト8    
 県大会 関東大会県予選 ベスト32    
県大会 全国高校総体 2回戦     
地区大会 北相地区秋季大会 ベスト12    
 県大会 選手権大会  1回戦    
地区大会 北相地区冬季大会 ベスト8    
地区大会 新人戦地区予選 ベスト11