座間高等学校 > 特色 > 部活動の紹介 > 少林寺拳法部

更新日:2022年11月16日

ここから本文です。

少林寺拳法部

2019_syourinji_logo1

  

 HP

gouhou jiyuu

2019_syourinji_logo2 部紹介     

2019_syourinji_logo2 TOPICS 

2019_syourinji_logo2 活動実績

 

≪令和4年6月 第53回関東大会≫

20220604_123443 m-1 m-2

m-4 m-3 f-1 f-2

f-3 f-4 f-5

 ≪令和4年3月 第25回全国選抜大会≫

 25zenkoku2 25zenkoku3 25zenkoku1

≪令和3年12月 第24回関東選抜大会≫

kanto1 kanto2 kanto3

≪令和3年6月 第52回関東大会≫

DSC00163 DSC00165

≪令和3年3月 第24回全国選抜大会≫

DSC00065 DSC00063

«平成28年12月  関東選抜大会»

201912_syorinji_kanto1 201912_syorinji_kanto2

«平成26年11月  関東選抜大会»      

201511_syorinji_kanto1 201511_syorinji_kanto2 201511_syorinji_kanto3

«平成25年3月  第16回全国高等学校少林寺拳法選抜大会»

20130323_syorinji_1 20130323_syorinji_2

«平成24年6月  第43回関東大会»

20120602_syorinji_1 20120602_syorinji_2 20120602_syorinji_3

«平成24年5月  第50回高校総体県予選»

20120503_syorinji_1 20120503_syorinji_2 20120503_syorinji_3

 

部活動見学は随時受け付けます。要連絡です!

連絡先 県立座間高校 046-253-2011
少林寺拳法部顧問  森井 昌邦 まで お問い合わせください。

 

 

2019_syourinji_logo3  部活紹介

私たちは、本校教諭:森井先生(少林寺拳法正拳士四段)、の指導の下、日々稽古に励んでいます。少林寺拳法は護身の技を基盤として作られています。したがって試合(対戦)形式の大会はありません。大会では演武という形で得点を競います。

 

座間高校の少林寺拳法部は2007年に創部され、初代顧問:小野寺先生(少林寺拳法正範士七段)の指導の下、関東大会出場や全国大会出場など輝かしい実績を残してきました。その伝統を継承すべく、学校生活全般を通して、日々精進しています。

日々の部活動は座間高校の武道場で行っていますが、毎週土曜日と長期休業中は、有馬高校と合同練習を行っており、技術の向上はもちろんのこと、自校、他校の区別なく後輩先輩の関係で互いに仲良く地道に活動しています。

 


 【部員数】(2022年度)
3年・・・ 4名(男子3名、女子1名)
2年・・・ 2名(男子1名、女子1名)
1年・・・ 4名(男子2名、女子2名)
 合計・・・ 10名(男子6名、女子4名)

 

2019_syourinji_logo3  TOPICS

2022年も関東選抜大会(12月)出場! (1年生男子2名、1年生女子2名)

令和4年

11月12日

座間高校武道場で第33回神奈川県少林寺拳法新人大会が開催されました。男女とも規定組演武と自由単独演武、団体演武(有馬高校と合同)にエントリーし、男子規定組演武(1年小松&1年辻端)が神奈川2位、女子規定組演武(1年大橋&1年小川)が神奈川3位で、12月18日に埼玉県深谷市で行われる第25回関東高等学校少林寺拳法選抜大会に出場が決まりました。

女子自由単独演武でも神奈川6位と入賞しましたが関東大会には出場できませんでした。団体演武も男女とも神奈川2位の成績を収めましたが、合同チームは上位大会に出場できない規定により出場辞退の形をとりました。

令和4年

6月11日

秋葉台文化体育館で第60回高校総体少林寺拳法競技神奈川県最終選考会だ行われました。男女とも組演武は神奈川県4位の結果で、高知県で開催される高校総体に出場はできませんでしたが、出場選手は悔いの残らない演武ができたようでした。

令和4年

6月4日

6月4日~5日に群馬県桐生市で行われた第53回関東高等学校少林寺拳法大会では、男女とも千葉県が総合優勝を飾る中、男子組演武(3年清水&3年山本)が予選ブロックで11位、女子組演武(3年香山&2年日向)が予選ブロックで20位と実力を出せないまま予選を勝ち上がることはできませんでした。しかしながら、今回の課題を次週に行われるインターハイ神奈川県最終選考会までに改善してインターハイ出場に向けて頑張ると男女とも志気は上がっていました。関東大会会場には残留部員から応援メッセージが部内LINEで届くなど部内の結束力も高まりました。

令和4年

5月3日

シンコースポーツ寒川アリーナの武道場で第62回神奈川県高等学校総合体育大会少林寺拳法競技 兼 関東高等学校少林寺拳法大会神奈川県予選会が行われました。男子組演武2組、女子組演武1組、女子単独演武1名、団体演武(有馬高校との合同)でエントリーし、女子単独演武が3位、女子組演武4位、男子組演武2位と15位、男子団体は2位でした。関東大会では合同チーム参加はできないことと、一人で2種目のエントリーができないことで、団体演武と女子単独演武を辞退。2位の男子組演武(3年清水&3年山本)と4位の女子組演武(3年香山&2年日向)が6月4日~5日に群馬県桐生市で行われる第53回関東高等学校少林寺拳法大会に神奈川代表として推薦されました。

令和4年

3月26日

3月25日(金)~27日(日)に善通寺市民体育館(香川県:無観客)で行われた、第25回全国高校選抜大会で女子自由単独演武の部に出場した香山選手(二段・2年)が予選通過できず、決勝には進めませんでしたが、27日の決勝戦を含めた全国レベルの演武を見て、次年度の関東大会県予選会に向けてヒントをつかんで帰ってきました。  

令和3年

12月19日

12月19日(日)に群馬県ALSOK群馬武道館で行われた『第24回関東高等学校少林寺拳法選抜大会』で女子単独演武の部に出場した香山選手(二段・2年)は15位となり、3月25日~27日に善通寺市民体育館(香川県)で行われる『第25回全国高等学校少林寺拳法選抜大会』に関東推薦枠で出場が決まった。昨年に続き、連続での全国選抜大会進出となった。

令和3年

11月13日

11月13日(土)に寒川アリーナ武道室で行われた、神奈川県高校少林寺拳法新人大会で女子単独演武の部に出場した香山選手(二段・2年)は4位入賞で、12月19日に群馬県で行われる『第24回関東高等学校少林寺拳法選抜大会』に神奈川県第3代表として出場が決まった。春に続き、香山は2度目の関東大会進出となった。

男子自由組演武にも2組のエントリーをして(2年清水・1年椎葉組)4位と(2年今野・2年山本組)5位の入賞。女子規定単独演武にも1年日向がエントリーをして6位入賞。男子団体演武も有馬高校との合同チームで参加し3位入賞。

令和3年

6月12日

6月12日(土)~13日(日)に県北体育館(栃木県:無観客)で行われた、第52回関東高校少林寺拳法大会で女子単独演武の部に出場した香山選手(二段・2年)は残念ながら8位入賞にはなりませんでした。感染症対策により予選なしの決勝直接選考で42名の選手がマスク着用、有声気合なし、気迫だけの演武披露をしました。 

令和3年

5月3日

5月3日(祝)秋葉台文化体育館(藤沢市:無観客)で関東高等学校少林寺拳法大会県予選会が行われ、女子単独演武の部に出場した香山選手(二段・2年)が入賞には至らなかったものの、神奈川県第6枠代表で、6月12日(土)~13日(日)に県北体育館(栃木県)で行われる、第52回関東高校少林寺拳法大会に出場が決まった。男子団体演武は有馬高校との合同チームで出場し、2位の入賞を収めたが、合同チームは関東大会に出場できない規定により辞退扱いとなった。

令和3年

3月27日

3月26日(金)~28日(日)に善通寺市民体育館(香川県:無観客)で行われた、第24回全国高校選抜大会男子規定単独演武(出場資格4級~6級)の部に出場した山本選手(5級・1年)が予選で入賞にならず、決勝には進めませんでした。しかしながら、今回いろいろ経験したことを、次大会に繋げていきたいと希望を語っていました。          

令和2年

12月20日

12月20日(日)栃木県総合運動公園武道館(宇都宮:無観客)で第23回関東高等学校少林寺拳法選抜大会が行われ、男子規定単独演武(出場資格4級~6級)の部に出場した山本選手(5級・1年)が入賞には至らなかったものの、本選出場選手19名中12位に入り、3月26日(金)~28日(日)に善通寺市民体育館(香川県)で行われる予定の、第24回全国高校選抜大会に関東地区からの推薦出場権を勝ち取った。

令和2年

11月14日

11月14日(土)横浜武道館(無観客)で新人大会が行われた。男子規定単独演武(出場資格4級~6級)に出場した山本選手(6級・1年)が出場選手8名(2年生3名・1年生5名)中3位入賞を果たした。                   

その結果、12月20日(日)に栃木県総合運動公園武道館(宇都宮)で開催される第23回関東高等学校少林寺拳法選抜大会への出場が決定した。                        

平成30年

5月14日

5月3日(木)藤沢翔陵高等学校で関東大会県予選会が行われた。男子単独演武に出場した秋篠選手(3年)が258点を取り出場選手29名中4位入賞を果たした。                   

その結果、6月9・10日(土)・(日)に千葉県スポーツセンター体育館で開催される第49回関東高等学校少林寺拳法大会への出場が決定した。                          

なお、同選手は、1年生の時以来2回目の関東大会出場となった。

平成29年

1月5日

平成28年12月24日(土)に、第19回関東高等学校選抜少林寺拳法大会が神奈川県藤沢市の秩父宮記念体育館で行われた。関東の1都6県から300名の選手が集まり演武を競った。本校からは男女1名ずつが出場した。その結果、規定単独演武の部に参加した1年生男子選手が6位入賞を果たし、3月24日(土)・25日(日)に善通寺市民体育館(香川県)で行われる全国選抜大会への出場権を獲得した。

平成27年

12月22日

11月7日に行われた県新人大会(於;慶応義塾高等学校)の結果、女子規定単独演武の部で2位になった前田選手(1年)が、12月20日(日)にビッグタートル深谷で行われた関東選抜大会に出場した。入賞には至らなかったものの、決勝12位に入り、3月25日(金)~27日(日)に善通寺市民体育館(香川県)で行われる予定の、第19回全国高校選抜大会に関東地区からの出場権を勝ち取った。
これで全国選抜大会出場は、昨年に続いて2年連続2回目となった。また、女子部員の全国大会出場は2011年の夏の大会以来4年ぶりとなる。

平成27年

11月10日

11月7日 慶応義塾高等学校で県新人大会兼関東選抜大会県予選が行われた。その結果、女子規定単独演武の部で前田(1年)が2位に入賞し、12月20日(日)に「深谷市総合体育館(埼玉県)」で行われる関東選抜大会に出場が決まった。男子団体演武の部では、3位に入賞を果したが、惜しくも関東大会出場には至らなかった。

平成27年

5月8日

5月3日 藤沢翔陵高校で関東大会県予選が行われた。その結果、男子単独演武の部で中川(3年)が4位、男子組演武の部で土屋・岸組(3年)が6位、男子団体演武の部で3位入賞を果たし、6月6,7日に「ぐんま武道館(前橋市)」で行われる関東大会に計7名の出場が決まった。団体の部は、創部8年目で春の県大会初出場で関東大会出場の快挙となった。

平成27年

1月5日

11月15日に行われた県新人大会(於;慶応義塾高校)の結果   男子規定単独演武の部と男子規定組演武の部に3選手が12月20日に群馬県みどり市の桐生大学グリーンアリーナで行われた関東選抜大会に出場した。その結果、男子規定組演武の部で、1年生の2名が入賞には至らなかったものの、3月21日、22日に香川県丸亀市で行われる第18回全国高校選抜大会に関東地区からの出場権を勝ち取った。これで少林寺拳法部の全国大会出場は、2007年の創部以来、夏のインターハイを含めて2年ぶり4回目となる。

 

 

2019_syourinji_logo3  活動実績 

 年  度

 大 会 名

 部 門

 結 果

 備 考 

2022 関東大会県予選会 女子 自由単独演武 県3位  
女子 自由組演武 県4位 関東大会進出
男子 自由組演武 県2位 関東大会進出
男子 自由組演武 県15位  
男子 団体演武 県2位 (合同チーム)
関東大会(群馬県) 男子 自由組演武 ブロック11位 (予選2ブロック)
女子 自由組演武 ブロック20位 (予選2ブロック)
高校総体最終選考会 男子 自由組演武 県4位  
女子 自由組演武 県4位  
男子 団体演武 県2位 (合同チーム)
新人大会 男子 規定組演武 県2位 関東選抜大会進出
女子 規定組演武 県3位 関東選抜大会進出
女子 自由単独演武 県6位  
男子 自由単独演武 県9位  
男子 団体演武 県2位 (合同チーム)
女子 団体演武 県2位 (合同チーム)

2021

関東大会県予選会

女子 自由単独演武 県9位 関東大会進出
男子 自由組演武 県13位  
男子 自由単独演武 県15位  
男子 団体演武 県2位 (合同チーム)

関東大会(栃木県)

女子 自由単独演武  28位  参加選手42人
新人大会 女子 自由単独演武  県4位 関東選抜大会進出
男子 自由組演武

県4位

県5位

 
女子 規定単独演武 県6位  
男子 団体演武 県3位 (合同チーム)
関東選抜大会(群馬県) 女子 自由単独演武 関東15位 全国選抜大会進出 
全国選抜大会(香川県) 女子 自由単独演武 ブロック14位 (予選4ブロック)
2020 県新人大会 男子 規定単独演武 県3位 関東大会進出
男子 規定組演武 県7位  
女子 規定単独演 県12位  
関東選抜大会(栃木県) 男子 規定単独演武 関東12位 全国選抜大会進出
全国選抜大会(香川県) 男子 規定単独演武 ブロック15位 (予選4ブロック) 

2019

県新人大会

男子 規定単独演武

県4位

 
2018

関東大会県予選

男子 単独演武

県4位

関東大会進出

県新人大会  男子 自由単独演武 県6位  
女子 規定単独演武 県4位  
2017 関東大会県予選  男子単独演武 県5位 関東大会進出
県新人大会   男子自由単独演武 県8位  
女子自由単独演武 県4位  
2016 関東大会県予選 男子組演武 県8位  
男子単独演武 県7位  
女子単独演武 県12位  
インターハイ県予選 男子団体 県6位  
県新人大会 男子自由組演武 県9位  
男子規定単独演武 県2位 関東選抜大会進出
女子規定身演武 県6位 関東選抜大会進出
女子自由単独演武 県3位  
関東選抜大会(神奈川) 男子規定単独演武 関東6位 全国選抜大会進出
2015 関東大会県予選   男子単独演武 県4位 関東大会進出
男子団体 県3位 関東大会進出
関東大会(群馬) 男子団体 関東12位  
インターハイ県予選 男子組演武 県5位  
県新人大会 女子規定単独演武 県2位 関東選抜大会進出
男子団体 県3位  
関東選抜大会(埼玉) 女子規定単独演武 関東12位 全国選抜大会進出
全国選抜大会(香川) 女子規定単独演武 予選9位  
2014   関東大会県予選
インターハイ県予選
 男子 組演武 2名出場   
 男子 規定単独演武 8位    
 県新人大会   男子 規定単独演武   3位   
 男子 単独組演武 3位  関東選抜大会出場 
 関東選抜大会  男子 規定組演武 15位  全国大会出場 
2013   関東大会県予選
・インターハイ県予選
 男子 組演武 県10位      
 県新人大会   男子 規定単独演武   14位    
  13位      
2012   全国選抜大会  男子 規定単独演武 予選15位   
 関東選抜大会  男子 規定単独演武 9位  全国選抜大会出場
 県新人大会   男子 規定単独演武   2位  関東選抜大会出場
 男子 規定組演武   7位   
 全国大会  男子 組演武 予選10位   
 全国大会県予選最終選考会  男子 組演武 2位  全国大会出場 
   関東大会  男子 組演武  予選9位   
 全国高校総体県予選     男子 単独演武  3位  関東大会出場 
 男子 組演武 3、5位  関東大会出場 
2011  全国高校総体県予選     男子 単独演武  2,4位  関東大会出場 
 女子 単独演武 1位  関東大会出場 
 関東大会  男子 単独演武 2位  全国大会出場
 女子 単独演武  4位   全国大会出場 
 全国大会   男子 単独演武   4位   
 女子 単独演武   11位   
 県新人大会   男子 自由組演武  2位   関東選抜大会出場 
2010  全国高校総体県予選     男子 単独演武  4位   
 女子 単独演武 3位  全国大会出場 
 関東大会  男子 単独演武 6位   
 女子 単独演武  7位   
県新人大会   男子 単独演武 1位,5位   
 女子 単独演武   1位   
 関東選抜大会   男子 単独演武  7位   
 女子 単独演武 6位   
 全国大会   男子 単独演武 出場   
 女子 単独演武   出場   
2009  全国高校総体県予選  男子 組演武 初段の部  4位  関東大会出場
 県新人大会  男子 単独演武  6位   
 女子 単独演武  7位   
2008  全国高校総体県予選  男子 単独演武  8位